MENU

チャレンジし続ける

クライアントさま方がどんどんと
新しいことにチャレンジしていて
素晴らしいなと思います。

私も常に挑戦し続けるコーチで
いたいと思っています。

挑戦とは、現状の外側の
高いゴールがあるからこそ
できること。

いつでも高いゴールを
持って、でも設定して
それだけで満足しないで、
ゴールを常に見直して、
更新して、再設定し続ける。

その上でそれに近づく方法が
見えてきたら、そこへ向かって
アクションを起こしていく
ことなのですね。

 

もうすぐ私の師匠の一人である
マークシューベルト氏が
来日されます。また、
お会いできるのが
とても楽しみです。

マークさんは
長年、全米オリンピック代表
水泳チームの監督を歴任された方。
マイケルフェルプスを
はじめとした、たくさんの
メダリストや世界記録保持者を
排出しているコーチの中の
コーチです。

 

去年マークさんが有名な
ホッケー選手
(Wayne Gretzy)の言葉を
シェアしてくれたのを
思い出しました。

“You miss 100% of the
shots you don’t take”
トライしてないシュートの
100%は逃している。

というのはつまりは
You never score
if you don’t take the shot.
シュートしないと決して点数を
取ることはできない。

 

挑戦したとしても、成功する
保証はないし、
うまくいかないかもしれない。

でも、挑戦しなかったら
決して成功することはない。

挑戦するもしないも、
自分で選べる?
さあ、であれば
どちらを選ぶ?

もちろんただ闇雲に
アクションすれば良い訳では
ないですよね。

ゴール側の臨場感を
上げ続ける。
ビジュアライゼーションを
繰り返していく。

そうすれば必ずゴール側から
見た最良の方法が見えてくる。
あ、これがしたいのだ、
という自分の心から望む
ゴールに対する確信も
高まってくる。

そうしたら、あとは、
挑戦するのみ。

 

やらないで後悔するくらいなら
やって後悔した方が良い。

諦めてしまえばそれで終わり。
でも、諦めなければ、
失敗など存在しないから。

また挑戦すれば良い。

挑戦し続ける自分を
褒めてあげる。

うまくいかなければ
悔しい。その悔しさは
すでにゴール側にいる
自分がリアルであるからこそ、
そのゴールと現実の
ギャップに対する不満だ。

ギャップがエネルギーを
与えてくれる。

悔しい、だからこそ
挑戦し続ける。

挑戦し続ける、
なぜならいつか必ず、
ゴールにたどり着くこと
ことができるのだから。

 

今日もみなさまに愛と
感謝を込めて。

慶子

 

ご提供中のメニュー
お申し込みはこちら

トライアルコーチング(90分間)
基本的には対面ですが
遠方の方などビデオ
セッションも可能。

まず一度コーチングを試して
みたい方。コーチとの相性を
知りたい方向け。
セッションのあとに、
継続コーチングに
ついてのご説明と
ご相談をお受けします。

コーチング説明セッション対面(90分)
そもそもコーチングとはなんなのか?
個人的にご相談をお受けします。

音声コーチング説明セッション(20分)
電話、スカイプなど音声通話に
よってコーチングに関するご相談を
お受けします。無料です。

継続コーチング
常時受け付けております。
面識がない方は、まずは、
上記のいずれかを
お申し込みください。

 

7日間の無料メール講座

コーチング体系的に学ぶのが
全く初めて!という方でも
わかりやすい。

題して、
「欲しい未来を創造する
パフォーマンス脳の手に入れ方」

詳しくは↓↓↓↓

step-mail-banner_%e5%a4%a7_%e6%94%b9

コメントを残す

*