MENU

ミスをなくすにはどうしたらいいか?

昨日スペインを離れ、
イングランドの北部の
街に来ました。
スコットランドの方にも
足を伸ばしてから、
帰国する予定です。

ロンドン以外の
UKは初めてですが、
またここも魅力に
溢れたところです。

写真はホテルの部屋から
撮った朝焼けの風景です。
教会の鐘が鳴り響き、
鳥が空を飛ぶ、
とても清々しい朝でした。

 

さて、仕事においても、
スポーツにおいても
最近よく聞かれるのが
「ミスをなくすためには
どうしたらいいか?」
ということ。

その答えは、
ミスをなくそうと
思うことはやめることです。

え、そうなのですか?
と驚かれるかもしれませんが
脳のカラクリから言うと、
ミスをなくそう、なくそうと
自分自身にプレッシャーを
かけること自体が
ミスを誘発するのです。

人なのですからね、
ミスを完全に排除することは
できません。

 

もちろん、例えば医療業界や
製造の現場など、
ミスをなくすために、
システム化したり、
プロセスを導入したり。
そのための仕組みづくり
というものも大切に
なります。

でも、人がからんでくる
ことであれば
誤解が生じたり、
記憶違いが生じたり、
どうしても避けられない。

そして、ミスは個人だけでは
なくて集団の心理要因も
大きくからんできます。

 

その仕事、
そのタスク、
その試合・・・
ゴールは何でしょうか?

ミスをしないことでしょうか?

それとも、
相手に喜んでもらえる
仕事をすることでしょうか?
勝つことでしょうか?
チームに貢献すること
でしょうか?

 

たとえ途中でミスが
あっても、その先の
ゴールを達成することが
できます。

ミスも含めて過程に
過ぎないのです。

ミスは少ない方が
いいですよね。

でもミスを恐れるばかりに、
そればかりに集中して
抽象度が(視点が)下がっては
本末転倒です。

スコトーマが大きくなって
余計にミスを誘発したり、
無駄な作業が増えてしまう
かもしれません。

体がこわばって、
のびのびとした
プレーができないかもしれません。

 

ミスなど恐る必要は
ありません。
ゴールは実現できるのですから。

途中の過程に一喜一憂
する必要はないのです。

 

今日もみなさまに愛と
感謝を込めて。

慶子

 

ご提供中のメニュー
お申し込みはこちら

トライアルコーチング(90分間)
基本的には対面ですが
遠方の方などビデオ
セッションも可能。

まず一度コーチングを試して
みたい方。コーチとの相性を
知りたい方向け。
セッションのあとに、
継続コーチングに
ついてのご説明と
ご相談をお受けします。

コーチング説明セッション対面(90分)
そもそもコーチングとはなんなのか?
個人的にご相談をお受けします。

音声コーチング説明セッション(20分)
電話、スカイプなど音声通話に
よってコーチングに関するご相談を
お受けします。無料です。

継続コーチング
常時受け付けております。
面識がない方は、まずは、
上記のいずれかを
お申し込みください。

 

7日間の無料メール講座

コーチング体系的に学ぶのが
全く初めて!という方でも
わかりやすい。

題して、
「欲しい未来を創造する
パフォーマンス脳の手に入れ方」

詳しくは↓↓↓↓

step-mail-banner_%e5%a4%a7_%e6%94%b9

コメントを残す

*