MENU

人に親切にする

旅行紀の続きです。
アイルランドからドイツを旅し、
またニューヨークに戻りました。

アメリカは私にとっては
第二のふるさとみたいな所
なのですが、でも、
ヨーロッパがあまりにも
肌に馴染んだので、
その考えも変わりつつあります。

マンハッタンでは、
エアリアルヨガという
ニューヨーク発のハンモックを
使ったヨガのクラスに参加
してきました。

体がほぐれて気持ちよかったです。
忙しい生活をするニューヨーカーは
こういうもので心と体の
バランスをとっているのですよね。

東京もそうですが、本当に
慌ただしい、忙しい!
という空気感を感じます。

でも、そんなニューヨーカーからも
いっぱい親切にしてもらいました。

ヨガのクラスでも勝手を知らないで
いると丁寧にいろいろ教えてくれる
方がいました。

荷物を抱えてメトロの
階段で立ち往生していると
立ち止まって、荷物運んで
くれたりするのですよ。

急いでいるのに、
荷物運んでくれて、
そのまま閉まりかかった
メトロに飛び乗って去っていく。

いったん私とすれ違って
去った人が戻ってきてくれて、
荷物を運んでくれて、
目的地に向けて颯爽と
走っていく。

ニューヨーカー
かっこよかったです。

 

大学院時代の友達が
集まってくれて、
みんなでマンハッタンを
散歩し、食事を堪能しました。

久しぶりにブロードウェイで
ミュージカルも見ました。

大切な友達との再会。
本当に楽しい時間。
充実のニューヨークでした。

 

前回から引き続きヨーロッパ旅行の
話に戻したいと思います。

道中、本当にたくさんに人に
助けられました。

親切にしてもらって嬉しかった、
というものありますし、
その人がその場所に現れて助けて
くれなかったら旅を遂行
できていなかった。

もしかしたら、路頭に迷っていた
かもしれない。
ラッキーだった、を超えて
ミラクルみたいなことも
起こりました。

 

ガイドブックでも
ほとんど情報が載っていないような
ところへ列車で向かい、
そこからタクシーやバスを
乗り継いで最終目的にまで
行く予定でしたが、
実際には思っていた以上に
複雑な行程でした。

でも、絶妙なタイミングで助けて
くれる人が現れました。

切符の買い方がわからなくて
迷っていたら、英語が堪能な
方が声をかけてくれました。

切符を買うまで直行だと思っていた
列車が2度の乗り換えを含み複雑で
あったことを初めて知る
ことになりました。

この助けがなければ、初めに乗った
列車にそのまま乗って、
どこか全然違うところに到達
していたかもしれません。

切符を手伝ってくれた人が、
仕事のスケジュールを調整して、
私一人で旅ができるそうな途中まで
一緒に列車に乗ってくれました。

なんとか列車は到着。
でも、そこが人もほとんどいない、
もちろん誰も英語を話さないような
ものすごい田舎の駅。
そこからタクシーに乗る
プランだったのが、
タクシーなんて周りにいない。

とにかく英語が通じなくても
助けを求めまくっていたら、
近所の住んでいる方で
車を出してもいいという方が現れました。

途中までしか連れていけないけど、
との事だったので、
約束の場所で車を降りて、
ドライバーに別れを告げました。

大きい荷物を持ってバス乗り場まで
とぼとぼと歩いて、10分くらい
たった頃でした、

なんとそのドライバーがまた
現れて、やっぱり目的地まで
連れて行ってあげるよ。

となりました。

1時間に一本しかないバスの
出発時間までほとんど時間がない
状態で、走らないと
いけないところでした。

さ〜て、これからどうしよう。。。
という状態だったので、本当に
ミラクルだと思いました。

このドライバーのおかげで、
時間通り無事目的地に着くことが
できました。

 

見方によってはなんて危険なことを。。。
と思われる方もいらっしゃるかも
知れませんが、ここは、
自分のマインドを信じるしか
ありません。

親切すぎて、何か裏があるんじゃないか?
と疑うことがなかったかと言えば、
嘘になります。

でも、最後は、
「気をつけてね。」
と、言って、
そのヒーローたちはさらっと
去っていくのです。
下心もないのです。
(名前も連絡先も聞かれませんし!
お金も要求されません!)

助けたんだから、何かお返し
してよ。

というのではなくて、

ただ助けられることが嬉しい。

そんな温かい思いを受け取りました。

 

みんなね、助けたいだけなんだよ。
大丈夫だから。

最終目的地に着いてから
よくしていただいた
英語が堪能なタクシーの
ドライバーに起こったことを
話したら、そんな言葉が返って
きました。

ヨーロッパの道中感じたのは、
人に親切にする心の優しさと、
立ち止まって誰かのために何かを
してあげる心の余裕でした。

日本でも困っている人がいても
見ないふりをしてしまったり、
立ち止まって丁寧に対応すること
ってなかなかできていなかったなと
自分を振り返りました。

何だか先ばかり急いでしまいがち。

今、この瞬間に、目の前の人に100%の
注意と自分のできる限りを
尽くす。

大切なことだと改めて
気付かされました。

 

お店とかでも、嫌な顔せずに
最後まで相手が納得するまで
向き合ってくれるんですよ。

探しているものが見つからなければ、
競合の店であろうと、
何件先のあそこの店なら
売っているかもよ?と
道案内までしてくれる。

自分たちの店で、買って欲しい。
お金を落としてくれるお客様だから
優しくする、サービスを尽くす、
のではなくてただ、人として
できることを相手のためにする。

利害関係がなくたって、
自分ができる限りの親切を尽くす。

 

重たい荷物を持っていると、
手を貸してくれる。

自分では手を貸せないご老人が
私の荷物を持つように他の人に
頼んでくれたり。

我先にではなくて、
お先にどうぞ、と言って譲れる
心の余裕。

大切なものを再認識したように
思います。

自分はどれだけ普段人に優しく
できているかな?

まだまだだな。
と思いました。

心が豊かになるヨーロッパの
旅でした。

 

これは、ニューヨークでは
無理だろうなと思っていたけれど、
ニューヨークカーも親切
なのでした!セフルトークを
変えないとですね。

お金では買えない、
真の心の豊かさを感じました。
幸せってこうことなんですよね。

人とのふれあい。
笑顔を交わし合う。

旅は素晴らしい。

旅行紀もうちょっと続きます。

 

今日もありがとうございます。

いつもありがとうございます。

 

本音のゴールに目覚めよう!
コーチング基礎セミナー

日時:
F日程 5月16日(水)18:00-20:30@神田

場所:東京都内
※ご入金いただいた方に別途
ご連絡いたします。

料金: 19,800円(税込)
早割はF日程は5月9日(水)まで
12,800円(税込)

申し込み締め切り
5月15日(火)12:00
入金締め切りは同日15:00です。

場所:東京都内の会場。
※別途ご入金いただいた方にご連絡いたします。

詳細はこちら

 

7日間の無料メール講座

コーチング体系的に学ぶのが
全く初めて!という方でも
わかりやすい。

題して、
「欲しい未来を創造する
パフォーマンス脳の手に入れ方」

詳しくは↓↓↓↓

step-mail-banner_%e5%a4%a7_%e6%94%b9

コメントを残す

*