MENU

want-toに囲まれること


アイルランドのCliffs of Moherです。

ニューヨークとヨーロッパの
旅から帰ってきました。

あまりに過密スケジュール
だったので、ブログは全く
更新できずでした。
本当に充実した良い旅で
たくさん書きたいことが
あるので、またおいおい
記していきたいと思います。

まずは、なぜ、ニューヨーク周りで
ヨーロッパ?と聞かれ続けて
いるので、理由を簡単に。

某米系航空会社で
それなりの金額が使える
航空券を持っていまして
その使用期限が間近に
迫っておりました。

単純アメリカ往復では
チケットを使い切れなくて、
その先の行程を
検討していました。

当初はキューバとドミニカに
行きたかったのですが、
アメリカの航空会社を使って
キューバに入る規制が
厳しくなってしまうなど、
タイミングが合わなかったのです。

東海岸からならヨーロッパに
行くのは結構便利なのですよ。
その経験もあったので、
ヨーロッパに行こう!
であれば、どこに行こう?
となり、真っ先に
思い浮かんだのが
アイルランドでした。

 

コーチングの祖・ルータイスが
アイルランドと関わりが
あったことをご存知の方も
多いかと思います。

また個人的にも以前勤めていた
会社の工場があるとか、
アイルランド人に対して
すごく好印象を持っていたので、
訪れてみようと試みたら、
航空券の予約から何から
すべてがスムーズに手配
できたのです。

物事には、タイミングが
ありますね。
うまく進むときは、本当に
サクサクいく。そうでないときは
テコでも動かない。

ゴールに向かって動く
手段として最適なものを、
まるで潜在意識が知っていて、
そちらに導いてくれる。
つまり、RASが
きちんと機能している
感覚でした。

 

それでもですね、、、、
事件が起こりました。

ニューヨークでの
荷物の乗り継ぎがうまくいかず、
私だけ先にダブリンに着くも、
荷物は到着しなかったのです。

朝の6時にダブリンに着いて、
弾丸な日程だったので、
その日のうちから
ガンガン動こう!と
思っていたのですが、
着替えも、化粧品も、
サングラスや、ジャケット
などもなく
(アイルランドは結構
寒いのです。)
スーツケースの荷物なしで
40時間を過ごさなければ
ならなくなりました。

しかも、東京からニューヨークへの
フライトの後の長旅なので、
着の身着のままの時間が
このまま続くのかと
思うと気が遠くなり、
さすがに感情のスイッチが
入りかかりました。

それでも、アイルランド側の
航空会社の担当者がとても
親切で、荷物のありかを追跡し、
配達の手続きをしてくれて、
荷物が届く間でに必要な
身の回りのものを買って
航空会社に請求できる
ように手配してくれました。

手際よくスピーディーに
かつ親身な対応で
こちらもすぐに気を取り直し、
担当者と心のこもった
コミュニケーションを
心がけました。
担当者の方々すべてが
本当に素晴らしい対応を
してくださいました。

 

余談ですが、
この時Baggage Claimで
担当してくれた方が、
帰りのダブリンからニューヨーク便に
チェックインする時に、
チェックインカウンターに
現れたのですよ。

チェックイン担当ではなくて
色々なところを巡回している
ようですが、たまたま
私がチェックインしている時に、
ふらっと立ち寄られたのです。

荷物が無事届いた報告もできたし、
今後の航空会社との
やり取りに関しても、
色々とヒントをくれたりと
また親切にしてもらいました。

縁起って本当に素晴らしい!
もう、会いたい人にばったり
会えるのは日常になっているので
さほど驚きはしないのですがね。
ただただ、本当にご縁には感謝です。

 

身の回りの必需品の買い物に
話を戻しまして、払い戻しして
もらえるとはいえ、買い物は
乱暴にはしたくないのが、
私のポリシーです。

モノに対する考え方も
マインドが変わるにつれて
変わってきますね。

自分のwant-toが分かるように
マインドが変化すると、
自分が心から大切に思うのは
何かよくわかりますね。

私も大切に思うものだけに
囲まれていたいと思うように
なりました。

ただ、高いもの、安いものと
値段で判断するのではなくて、
自分にとって心地いいものは
何なのか?他人視点では
なくて、自分の視点で考える。

もちろん、相手に不快な思いを
させるような身なりはしたくない。
それは、相手に対する敬意であって、
自分を良く見せたいとか、
どう思われるか気になるという
不安定なセルフイメージから
ではなく、人間関係のゴールの
視点から決めていく。

最近ではネットの
個人の売買も盛んになって
いますし、不要なものは
簡単に処分もできます。

私も不要なものは溜め込まず、
どんどん処分しますが、
かといって、処分すればいいや、、、
と気軽に買えばいいと
いうものではないと思っています。

何を買うにしても、本当に
自分にとって必要?

今回の場合も航空会社が
出してくれるからでは
なくて、自己負担に
なるとしても買いたいと
思うようなものか?
しっかり考えながら
買い物しました。

スーツケースの中に
同じカテゴリーのものは
あるのですが、それが
ダブルになっても使うのか。
もしくは何かの手段で
旅が終わってからも活用
できるのかをしっかり考える。

 

到着の翌日はダブリンから
早朝出発のツアーに入って
大自然に触れに行きました。

本当に綺麗で、
心があらわれました。
ツアーガイドさんがユーモアが
あって楽しくて、博識で
アイルランドの歴史や、
近郊の国との関係の話など
たくさん話をしてくれて、
学びも深い時間でした。

でももう、朝から寒くて。
途中で厳選して探しまくって、
素敵なダウンジャケットを
手に入れました。

心も体も満たされる
アイルランド旅行でした。

 

アイルランドだけではないですが、
道中本当にたくさんの方に親切に
していただきました。

店員さんにも荷物の事情を
話すと、みんな親身になって
聞いてくれたり、時には、
これで元気出してね、と
サンプルやおまけをくれたり。

宿泊していたホテルも、
まだチェックインの時間まで
6時間以上あるのに、
部屋を用意してくれまして、
リフレッシュすることが
できました。

長旅でせっかく来てくれた
のだから出来る限るのことは
したいと、掃除中のメイドさんに
連絡をとって準備を
早めてくれたんです。

人に親切にすること。
親切にしてもらうこと。

これについて、今回の旅で
荷物の遅延の一件だけでは
なくて、本当に深い学びを
しています。

これについては長くなってきたので、
また続きは次回書こうと思います。

 

無事、スーツケースとも再会し
また、自分が大切にしているモノと
触れ合う喜びを味わいました。

改めていろんなことに
感謝する貴重な経験です。

旅は学びの連続です。
旅ほど成長できることは
ないのではないかと思うくらいです。

人生は旅。旅は人生。

すべてのご縁と、
万物に感謝です。

5月6日の回の基礎セミナー
の締め切りは明日(5月2日)です。

 

今日もありがとうございます。

いつもありがとうございます。

 

本音のゴールに目覚めよう!
コーチング基礎セミナー

日時:
E日程 5月6日(日)13:00-14:30@目黒
F日程 5月16日(水)18:00-20:30@神田

場所:東京都内
※ご入金いただいた方に別途
ご連絡いたします。

料金: 19,800円(税込)
早割はE日程は4月27日(金)まで
F日程は5月9日(水)まで
12,800円(税込)

申し込み締め切り
E日程:5月2日(水)12:00
入金締め切り同日15:00です。
5月15日(火)12:00
入金締め切りは同日15:00です。

場所:東京都内の会場。
※別途ご入金いただいた方にご連絡いたします。

詳細はこちら

 

7日間の無料メール講座

コーチング体系的に学ぶのが
全く初めて!という方でも
わかりやすい。

題して、
「欲しい未来を創造する
パフォーマンス脳の手に入れ方」

詳しくは↓↓↓↓

step-mail-banner_%e5%a4%a7_%e6%94%b9

コメントを残す

*