MENU

思い込みが外れると

今朝方早い時間に満月に
達したようですね。
私は、朝活で早起きしたの
ですが、ちょうど見ることが
できませんでした。
心の目ではしかと見て、
アファメーションしました。

 

さて、つい先日企業の方々に
コーポレートコーチングを
紹介する機会に恵まれました。

多くの方が高い関心を
持っていただき、
社長自らが詳しく聞きたいので、
説明に来て欲しい、とか、
社長が興味を持ちそうなので
話してみる。と言ってくださいました。

非常識なアプローチに見えて、
これから組織が生き残る、
発展するためには常識と
なってくるメソッドなのだ!
と確信しました。

多くの方にお話を聞いて
興味を持っていただけることが
私のパワーとなっていて、
エネルギー全開です。

 

今日は「思い込み」について
お話したいと思います。
私たちの頭の中は、
自分で想像する以上に
「思い込み」でいっぱいです。

認識のパターン化は
その都度考えこまなくても
すらすらと物事をこなせるように
習慣や行動となって、
ある意味で便利ですね。

でも、その「思い込み」が
邪魔して、解決策が
目隠しされてしまたり、
創造的なアイディアが
見えてこなかったり。

意識して使いこなせるように
仕向けていかないと、
単純な繰り返しが起こる。
今日は昨日のコピー、
明日は今日のコピーの
ような毎日。

 

6月の頭に携帯電話の
機種変更をしました。
同じアンドロイドの
新機種への変更でした。

操作性はほとんど変わらないけど、
機能面で色々とアップグレード
されているということで、
期待度大での変更。

それが、すぐに困ったことが
発生しました。電子マネーの
機能がうまく作動しないのです。

初めの頃は駅の改札も
すぐにエラーで
止まってしまう。

タクシーや自動販売機、
コンビニでは、全く
作動しなくて結局
現金でお支払いすることが
続きました。

そして、それは、つい
先日まで続いたのです。

機種変更して、電子マネーの
感度が下がって本当に残念だ・・・。
機種変更しない方が良かったかも、
と思うに至るぐらいでした。

それが、先日、いつもピピっと
やる面と違う面をたまたま
(間違えて)かざすと、
流れるように、ピピっと
処理出来ました。

そして、私は衝撃の事実を
知るのです。前の機種は
携帯の背面にセンサーが
入っていたのが、今回は
前面に入っていたことが。

それからは、前の機種と
同様、スムーズに電子マネー
処理ができるようになり、
ご満悦です。

 

これこそが、「思い込み」の
罠ですね。機種が変わっても
センサーの設置場所は
変わらないと勝手に、
想像していたのですね。

ものすごいスコトーマでした。
6月から4ヶ月も!
不便な電子マネー生活を
送っていたのでした。

位置は色々なところを
試したのです。でも、
裏表には全く目が
向かなかった。
完全にスコトーマに
なっていました。

 

これは、単純な例ですが、
ゴールへ向かう手段でも、
日々の小さなゴールでも
こんなことはしょっちゅう
起きているな、と感じます。

人に言われて気づくこともあります。
イラとしたり、そんなのありえない。
と思うのではなく、
それかもしれない、ちょっと
考えてみよう、と
心やわらかく聞いてみるのも
大切です。

他人が言うことに一喜一憂したり、
翻弄されるのとは違います。

抽象度を上げて、客観的な目に
それは何かヒントになるかな?
と考えてみる。

自分でも、
決めつけないで、いろんな角度から
検討してみるのも大切ですね。

 

私個人的にもスコトーマが
外れて思ってもみなかった
方向からゴールへ向かって
大きく躍進しています。
毎日がますます楽しみです。

みなさまもゴールへ向けて
邁進されていらっしゃることと
お察しいたします。

応援しております。

 

今日もありがとうございます。

いつもありがとうございます。

 

感情の操り方講座〜
感情を味方につけて
思い通りの人生を創造する

日時:
下記の2つの日程からお選びください。

10月15日(日)9:00-12:00
【満席・キャンセル待ち】
※終了時間は多少前後することがあります。

場所:東京都内
※別途ご入金いただいた方にご連絡いたします。

費用:
30,000円(税込み)
=>メルマガ読者様
特別価格があります。
※メルマガご登録はこちらから。

お申し込みはこちらから

詳細はこちら

 

7日間の無料メール講座

コーチング体系的に学ぶのが
全く初めて!という方でも
わかりやすい。

題して、
「欲しい未来を創造する
パフォーマンス脳の手に入れ方」

詳しくは↓↓↓↓

step-mail-banner_%e5%a4%a7_%e6%94%b9

コメントを残す

*