MENU

限界を設けない

東京でも桜が咲き始めました!
ポカポカ陽気がとても
気持ちいいです。

 

先日、私が大学院留学の
準備学校に通っていた時から
大変お世話になっている、
横山匡さんという方が監修された
本の出版記念パーティに
お招きいただきました。

横山さんは
現在でもこの予備校の社長を
されつつも、英語教育、
アスリート教育に力を
入れられ、若者が夢を
持って羽ばたかれることを
支援されていらっしゃいます。

 

「英語で夢を追うアスリート」
シリーズは5名のアスリートの
方々がそれぞれ英語と世界と
どのように関わられてきたのかが
示されています。

対象年齢は小、中学生。
学校図書としても設置される
ことが決まっているそうです。

 

そして、
「はばたけ!留学で広がる未来」
シリーズでは、留学中の
日本人学生や、卒業後学んだことを
日本で、そして世界で
利用して活躍されている方が
紹介されています。

こちらは、中、高校生向け

 

パーティではこの本に
取り上げられたアスリートや
世界で活躍する方々、
そして英語教育などを通じて、
世界で活躍する日本人を
支援したり、そのような活動を
通じて、本気で世界平和を
考える志の高い方々に
たくさん出会えることが
できました。

私もコーチングを通して、
人々がもっと自由に好きな
世界に羽ばたいて、そして、
世界の人々がもっと
豊かさを、幸せを手に入れる
ことに貢献していきたいと
思っています。

なので、会の最初から、
最後まで、そして今でも楽しくて、
ワクワクして仕方が
ありませんでした。

 

登場されている方々の
お話を聞いていると、
自分の活躍の場に
制限を設けていないのですね。

杉山愛さんも登場する
アスリートの一人ですが、
彼女は小さい時から
テニスで上を目指すなら
世界が舞台なのが当たり前と
おっしゃいます。

世界のどこにいても
そこが自分のホームグラウンド
そんな気持ちで臨まれて
きたそうです。

そして、驚いたのが
ご活躍中の多くの方が、
昔は英語が大嫌いだった、
クラスのビリに近いぐらい
苦手だった・・・と
おっしゃること。

それでも、世界を目指すことに
なんら恐れを感じていない。

英語のその先に目指すところが
あれば、それは目指している
過程でいくらでも克服できて
しまうもの。

私は英語が大好きで、
その先の目標もあって
やってきたタイプですが、
苦手な方々が多かったというのは
目からウロコでした。

つまりは、自分で自分に
限界を設ける必要は何もない!
ということですね。

 

その先に夢があるなら、
手段である英語がどうとか、
どこの範囲で活動するとか、
そこは通過点でしかない。

私も南米旅行以来、
自分の活動範囲を
世界規模、いや、
宇宙規模にしてきたいと
積極的に動いていますが、
さらに今回刺激を
いただいましたよ。

限界を設けず、
もっと先へ、
現状の外側へ
果てしない夢を追って
いきましょう。

 

 

自分も周りも成幸するグローバル
リーダーのためのコーチングセミナー

日時:4月12日(水)19:00-21:30

場所:東京駅周辺
※お申し込みいた方に別途ご連絡いたします。

料金:16,200円(税込)

お申し込みはこちらから

 

【女性の方向け】
自由を、豊かさを、そして幸せを求めて
コーチングお茶会

日時:4月8日(土)10:00-12:00

場所:恵比寿駅徒歩10分程度の
スペシャルな癒しの空間
※お申し込みいた方に別途ご連絡いたします。

お申し込みはこちら

 

コーチング朝食会

美味しい朝食をいただきながら、
エフィカシーの高い場所で
エフィカシーの高い仲間と
エフィカシーが上がる会話を
楽しみましょう。

男性、女性ともに
ご参加いただいています。

日時: 4月15日(土)9:00-11:00

場所: 東京都内の高級ホテル内
レストラン個室

※お申し込みいた方に別途ご連絡いたします。

費用:12,960円(税込、朝食代込み)
指定口座への銀行振込

定員:5名様

お申し込みはこちら

次回以降はメルマガにて
先行ご案内しております。

メルマガ登録はこちらから

 

コーチング体系的に学ぶのが

全く初めて!という方でも
わかりやすい、7日間の
無料メール講座を実施しております。

題して、
「欲しい未来を創造する
パフォーマンス脳の手に入れ方」

詳しくは↓↓↓↓

step-mail-banner_%e5%a4%a7_%e6%94%b9

コメントを残す

*

1 件のコメント

  • はじめまして。

    古川恵子さんのブログを読んで椎根さんのお仕事に興味を持ちました。

    鍼灸院を経営している小林泰子と申します。

    継続してブログを拝読させていただきたいと思います。