MENU

使命を知る

I manage

コーチである以上、コミットして
定期的に有益な情報発信をさせて
いただくことが大切と思い、
1か月以上、毎日欠かさず
ブログを更新してきました。

それが、昨日は感無量で
どうしてもタイプが進まず
1日お休みをしました。

3日間、マーク・シューベルト氏に
お供してきまして、昨日が最終日。
言葉では言い表せないくらい
たくさんのものをいただきました。
昨晩は、これはたった数百語の文章では
語れない、語ってはいけないと
感じていました。

今は、一日で語ることはない。
ゆっくりと、じっくりと
少しずつ、お伝えしていきたいと
思っております。

私の小さい時からのキーワードは
「世界をつなぐ」でした。
そのために(手段として)英語を学んで
きました。そして、
コーチングでも、こうやって
世界がつながるんだということを
感じています。

マークさんは言語でなくても
多くの情報を感じ取られる方です。
言葉なんていらないのかもしれません。
でも、言葉も加わればもっと理解が
深まると言う思いから、
参加者の方々の感動や、
お気持ちは残さずマークさんに
伝えることに全力を尽くしました。

参加者の方のブログやSNSも
拝見し、こんな感想があるよ
とマークさんに伝えると、
とてもうれしそうにされていらっしゃいました。

そうやってコミュニケーションを
つなげるお役目をいただけたことに
大変感謝をしております。

これは、まさにゴール設定の
賜物だったと思います。
今まで漠然としていた夢を
現状の思いっきり外のゴールにして、
毎日アファメーションをとなえる。
そのうちに、それに必要なアクションが
自然と起こり、応援してくださる
サポートができる。
自然と自信も(エフィカシー)も
高まってくる。

この3日間が自分の
大きなターニングポイントとなりました。
自分の使命が見えてきた気がします。

使命というと、なんだか
与えられたことのように聞こえますが、
いいえ、100%主体的です。
Want toから沸き起こる、
ゴールにつながるものです。

師匠である苫米地博士と、
深い学びをくださった
マーク・シューベルト氏
ゴールをサポートくださった方々、
その場にいらしたみなさんに
感謝申し上げます。
ありがとうございました。