ブログ

小休止は躍進へとつながる

昨日、今日は久しぶりの晴れ間に
心踊りました!
日本列島、徐々に梅雨明け
してますね。
台風も近づいていますが、
束の間の晴れを存分に楽しんでおります。

さて、予定では今週は
出張だったのですが、
急遽取りやめにしています。

お約束していた方々には、
申し訳なく思うのですが、
諸々の事情が重なりました。

起こったことを冷静に受け取り、
とにかく今がタイミングではないのだなと
妙に納得しました。

冷静沈着に、さあ、このできた時間を
どう有効活用しようかな?と、
楽しみながら、過ごしています。


7月も後半に差し掛かっておりますが、
初めは、今月は落ち着いたスタートだな、
と思っておりましたら、
怒涛のごとく動くタイミングが
やってきました。

とてもたくさんのご縁をいただき、
毎日が充実していて、非常に濃厚な
日々で、ありがたく思います。


ゴールを設定すれば、
それに必要な、情報、人脈が
見えてくる。まさに、それを
実感します。

それでも、今週のように
急に足止めがかかることも
もちろん、あるのですね。
だからと言って、
エフィカシーは下げない。

一旦、ゆるやかになったり、
止まったりしても、
ゴールへ向かっていることに
なんら変わりはないのですから。


矢継ぎ早に変化が起こるときは、
多少なりとも視点が下がり、
目先のことを「こなしている」ような
状態になりかねません。

そんなときに、深層心理の自分から
声かかかります。ちょっとストップした
方がいいのじゃない?
見直したらもっといいことあるのじゃない?

少し体を休めよう。
体が軽くなったら、心も軽くなる。
また、マインドがフル回転で動き出す。


今年は全国的に雨模様が続き、
湿度も高いので、体調を
崩しやすくなりますね。

そんなときは、
あー、ここで止まっちゃダメ。
あー、体調崩している場合じゃない!
と、ご自分を責める必要もないですね。

また、予定変更が強いられたとしたら、
その対象に対して、イライラしたり、
怒ったりする。それも必要ないですね。


自責の気持ちや、
怒りというエネルギーは
私たちを消耗します。
もちろん、そのような感情を
持ってもいいのです。
無理に抑えようとすれば
爆発します。
プッシュ、プッシュバックの
法則です。


でも、脳のからくりから考えると
責めたり、怒っても何も生まないのです。

ネガティブな感情を糧にして前に
進もうとするのは重すぎて
スピードが落ちます。

それよりも、未来への希望、
夢、ゴールを胸に、心軽やかな
状態でいる方が、歩みは
早くなります。


Things happen for a reason.

物事は起こるには理由がある。

起こったことにポジティブな
解釈ができれば気分が軽く
なりますね。

私自身にも必要な言葉。


ご自分を大切にして健やかに
お過ごしくださいませ。


今日もみなさまに
愛と感謝を込めて。

慶子

【ご案内】
パーソナルコーチング、リーダーシップ研修、
エグゼクティブコーチング、
パフォーマンスアップコーチングの
ご依頼、お問い合わせはお気軽にこちらにどうぞ。