ブログ

言葉に紐づくイメージは人それぞれ

日に日に秋の深まりを
感じます。

それでもまだ半袖で
ちょうど良いポカポカ日和も
ありますね。

そんなこんなで
私は、なかなか完全な
衣替えができていませんが、
季節の変化を感じながら
じっくり合わせて変えていく
というのも楽しいものです。

 

さて、ある同じ言葉を聞いても
それをどのように
受け止めるかは
人それぞれですね。

人にはその人固有の
信念の世界(ブリーフ
システム)がある。

何か現象があれば
自分のブリーフシステムと
照らし合わせて、
それに対して判断が
下されて、反応が
生まれる。

 

何かに対して
ある人は、やった!嬉しい!
と感じるかもしれない。

またある人は、
悲しいと感じるかもしれない。

またある人は、
大きな憤りを覚えるかもしれない。

反応には、ある程度の
傾向とパターンがある場合も
あるかもしれませんが、
微細なところで、すべての人が
同じ受け止め方をすることは
ありえないのです。

 

この脳のカラクリはとても
重要です。コーチングについて
あまりご存知ない方でも
聞いたことがあったり、
頭ではなんとなくわかっている
ことかもしれません。

でも、どうしても、忘れて
しまいがちですよね。

 

自分が伝えことが
伝わらないと、悲しくなったり、
憤りを覚えたり。

何か言われたことに対して、
相手には全く悪気がないのに、
否定されたり、見下された
気分になったり。

 

私はある時から、
「頑張る」という
言葉が好きではなくなりました。
というか、使わなくなりました
と言ったほうが正確かも
しれません。

会社勤めしていた時に、
メンタルヘルス研修で
心が疲れている人に
「頑張れ」と言っては
いけないという、
端的な情報だけが
ものすごく記憶に
残ったのです。

頑張るというと、
無理してでもやる。
踏ん張る。
我慢する。
忍耐。

というイメージが刷り
こまれ、どこか苦しい
ものだと思い込むように
なりました。

特にコーチングを学び
始めてからはほとんど
使わなくなりました。

 

でも、この頑張るという
言葉に紐付いている
イメージは勝手に
私が作り上げている
ものに他ならないのですね。

同じ言葉を聞いても、
全く別の解釈をする
人もいる。

 

クライアントさんに
言葉がけして、
それに対して
「がんばります。」
という返事が返って
くることもよくあります。

でも、それは、
私がかつて描いて
いたような「頑張る」の
イメージとは違い、

むしろ、

全力を尽くして
リラックスして
楽しんできて

という、こちらが伝えたかった
意味合いを「頑張る」で表現して
応えているようにも
とらえられます。

そう、同じ言葉から連想する
思いは、人によって違うのです。

自分の世界での解釈に
当てはめて過剰反応する必要は
全くないのですね。

 

1対1の人間関係の時でさえも、
すでに受け止め方は大きく
異なることがありますが、
これが、会社組織や
チームなどの組織集団となれば、
どんなことになるか、
想像に難くないですね。

集まる人それぞれが
バラバラのブリーフシステムを
持ち合わせているのですから、
このズレを擦り合わせて
いくことは容易なことでは
ありません。

 

経営者の方のコーチングを
している時にも、このイメージの
ズレに関してよく話題になります。

企業のゴール、ビジョンは
しつこいくらいに伝えている。
なんなら理念を暗記していて
そらで言えるくらいだから
社員はみんな当たり前に
理解しているはずなのに・・・・

なぜその通りに実行されないのか?!

 

人は、言葉で捉えたものを
頭の中でイメージ化して
定着させます。

しかもそれぞれ固有の
脳というシステムを通すの
ですから、出来上がる
イメージはバラバラです。

だから、伝えたずなのに
伝わっていない。

理解しているはずなのに、
経営者の描いている
イメージと一致しない。
ということが起こって
くるのです。

それでも、イメージが
違うから仕方がない・・・
と諦めていてはいつまで
たっても一丸となって
動き出すことができない。

 

双方がコミュニケーションを
円滑にして、その絵をできる限り
近づけていくことを
地道に繰り返していく。

一致はしないけど、
動き出せる力が生み出せる
くらいまで近くすることは
十分にできる。

 

こういうことでしょうか?
ああいうことでしょうか?

お互いにお互いを尊重
し合いながら、
イメージ合わせする作業は
その先のゴールがあればこそ、
とても楽しいプロセスになって
いきます。

もちろん、いかに相手が
受け止めやすい形で
伝えるか?

いかに相手を
理解しようとするか?

お互いの工夫できるところは
やっていく。

でも、伝わらなかったと
相手を怒る必要も自分の
伝え方を落ち込む必要もなく、

逆に、伝え方が悪いと相手を
怒る必要も、自分の
理解が悪いと落ち込む
必要もないのですね。

 

すべてはブリーフ
システムの違いから
きている。

違って当たり前からスタート。

そう思うと少し楽に
なりませんか?

 

今日もみなさまに愛と
感謝を込めて。

慶子

 

ご提供中のメニュー
お申し込みはこちら

トライアルコーチング(90分間)
基本的には対面ですが
遠方の方などビデオ
セッションも可能。

まず一度コーチングを試して
みたい方。コーチとの相性を
知りたい方向け。
セッションのあとに、
継続コーチングに
ついてのご説明と
ご相談をお受けします。

コーチング説明セッション対面(90分)
そもそもコーチングとはなんなのか?
個人的にご相談をお受けします。

音声コーチング説明セッション(20分)
電話、スカイプなど音声通話に
よってコーチングに関するご相談を
お受けします。無料です。

継続コーチング
常時受け付けております。
面識がない方は、まずは、
上記のいずれかを
お申し込みください。

 

7日間の無料メール講座

コーチング体系的に学ぶのが
全く初めて!という方でも
わかりやすい。

題して、
「欲しい未来を創造する
パフォーマンス脳の手に入れ方」

詳しくは↓↓↓↓

step-mail-banner_%e5%a4%a7_%e6%94%b9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください