toggle

成功するとは?

success

「成功」という言葉に
抱く印象は人それぞれでしょう。

地位、名誉
競争、勝者
富、財産
賞賛
ビジネス、アスリート

などなど。
男性が好きな言葉のように
感じてしまうのは、
偏見なのだろうか。

この言葉の背景には、
他人から抜きん出るとか、
他人からの評価を得る
という意味が内包されている
ようにも思える。

そして、何か特定の分野で

続きを読む>

コーチングが世界を変える(TP3.0 Day2)

IMG_0039

自由自在に、自分の意思で夢を
追い求め、探究することにより
真に豊かで幸せな人生を歩む
あなたをサポートする、
夢探コーチけいこです。

TP3.0セミナー2日目です。
1日目の様子はこちら
一番の学びは、ファシリテーター
のブラッドをはじめ、一緒に
2日間学んだメンバーからでした。

アメリカは、格差社会。
貧困な家庭に生まれれば
そのままそれを受け入れて
生きていくしか道はない。。。
そう思ってそのまま生きて
行く人が少なくない。

それが、このルー・タイスの
理論を何らかの形で知って、
自ら自分はもっとできると、

続きを読む>

まずは自分、大切にしてますか?

love

自由自在に、自分の意思で夢を
追い求め、探究することにより
真に豊かで幸せな人生を歩む
あなたをサポートする、
夢探コーチけいこです。

先日の投稿で、私たちが日々、
「人のため」と思って
やっている行為や、語りかけは、
実は、
「感謝されたい。」
「それ以上のお返しをしてほしい。」
「いい人と思われたい。」
「自分も褒めて欲しい。」
という見返りを期待する
気持ちからくることがある。
というお話をしました。

では、なぜ見返りを期待して
しまうのかというと、

続きを読む>

心から人を思いやっているだろうか

プレゼント

我々が日々、「人のため」と思って
やっている行為や、語りかけは、
どこまで純粋に「人のため」
なのだろうか。どこか、
与えることに対して、
「感謝されたい。」、
「それ以上のお返しをしてほしい。」
「いい人と思われたい。」
「自分も褒めて欲しい。」
という見返りを期待して
しまうことがある。
しかも、そこに下心があると、
どうしてもすけて相手に
伝わってしまうのです。

本来の「人のため」とは、
たとえそれによって、自分にとって
何の利益にもならなかったとしても

続きを読む>

他人の恋愛や結婚の価値観に踊らされない

heart

恋愛や結婚のことは、
なんだか特別なエリアの
ことのように思われますが、
マインドの使い方は
他のジャンルと全く
変わりません。

独身の方が、既婚の方に
言われた言葉でとても
不快に思ったとか、
傷ついたという話は
よく伺います。
これも、言わば、他人が

続きを読む>

依存を招かないコーチング

dandelion-974503__340

ゴールへ向かう手段に
頼り過ぎてしまうと依存を
招きます。

例えば、宗教も、
平和な世の中を作る、
幸せな人生を送ることが
本来の目指すところであるところが、
主体となる自分や、自分のゴールよりも、
宗教そのものや、その組織を
絶対的に見て頼りすぎると
依存が起こります。

恋愛においても、双方を俯瞰した、
たとえばお互いを高めあえる
パートナーシップがゴール
だったとしても、

続きを読む>

職場のコミュニケーションを円滑に

taraxacum-sect-ruderalia-855372_960_720

苫米地式では、「抽象度」という
概念がよく論じられます。
抽象度が高いとは端的に言うと
情報量が多く、抽象度が
低いと情報量が少なくなる。
例えば、電車の抽象度を上げると
交通機関となり、抽象度を下げると
普通車やグリーン車などとなる。

抽象度を上げると、視点が上がって、
物事を俯瞰して観れるようになる。
だから、

続きを読む>

縁起に感謝

タンポポ

とてもすごいスピードで、
大事な方々との縁起が
どんどんつながっているのを
日々実感しています。

ゴール(夢や目標)があると、
それを達成するための
新たな人脈が広がっていきます。

バックグラウンドは
全く違ったとしても、
共通のゴール
(完全に合致するということは
なくても方向性は同じ)
を持っていてお互いに
サポートし合ったり、
一緒にさらに大きなゴールへ
向けて動くことができたり。

そんな状況に身を置けていることが
幸せだなと感じます。

コーチになる前は、

続きを読む>

それはゴールではな~い!の叫び

叫び

コーチングを身に着けて
いかにも常に穏やかに
生きているかのように聞こえる
かもしれませんが、
決してそうではありません。

時には感情が揺れ動くときも
あります。でも、

続きを読む>

笑顔で満ちた日々

コーチングの世界を知ってから、
笑顔でいることが増えました。
なんだか楽しそうだね。
とか、笑顔がキラキラしているね。
(恥ずかしいのですが、ありがとうの
気持ちでいただきます。)
と言っていただけます。

want toで生きているから、
毎日が楽しいのです。

苫米地博士も

続きを読む>

1 2 3 4 5