toggle

すべて自分次第

週末は、宮城県仙台市に
おいて青少年向け次世代
教育プログラムPX2の
ファシリテーターをさせて
いただきました。

東北でのオープン開催は
はじめて。新たなスタートが
切れたのではないかと
思います。

 

さて、春分の日も過ぎ
春がやってきました。
ふと遠い記憶を懐かしく
思い出しましたので
シェアしたいと思います。

大学院を卒業して第二の
社会人生を歩み始めたころ、
仕事は全然できないし、
プライベートもうまく
いかないし、という時期が
ありました。

その時は、うまくいかないのは
すべて周りのせいと、
あらゆる人を恨んだり
していました。

仕事で上司と厳しくやり合い、
落ち込んで会社を無断欠勤
したことがあります。
上司を困らせてやろうと
思ったのです。

それで、実家に帰って、
散々会社の悪口を言い
散らしました。

すると父が一言
「気分が悪いからもう愚痴はやめろ」
と言ったのです。

実家に帰ってきても理解して
もらえない。そんな悲しい
思いが込み上げてきました。

そして、すかさず、普段無口な
父がもう一言、

「もう、もっともっとと
自分を追い込むのをやめろ。」

と言ったのです。

その言葉を聞いて、
なんだかすっと気分が軽く
なったのを覚えています。

散々愚痴を聞いてくれた母よりも、
この父の一言で救われたことが
今でも鮮明に覚えています。

そのあとすぐに上司に謝罪の
メールを送り、翌日は普通通りに
出社する旨を伝えたのでした。

 

上司が悪い
部下が悪い
同僚が悪い
パートナーが悪い
両親が悪い
友達が悪い

と、自分以外の人に
うまくいかない現実の原因を
求めても、何にもならない。

と言うことに、のちにどんどん
気づかされていく経験を
繰り返してきました。

人を責めているのは、
結局、自分に自信がないから。
セルフイメージが低いから。

 

他人に

理解して欲しい。
認めて欲しい。
もっとこうして欲しい。
どうしてもっとこうしてくれないの?
こんなに頑張っているのに。
私がかわいそう。

そんなスネた自己愛のなさを
他人にぶつけていたのです。

 

他人への責めの気持ちは、
結局は跳ね返って、自分を
責めることにつながり、
さらにセルフイメージを下げて
いたのですね。

認めてもらいたくて
頑張っているのに空回りして、
その頑張りが辛くなったのです。

他人からの評価を求めて
無理するから、本当の
自分発信のwant-toの
喜びが生まれなかった
のですね。

 

結局、自分の人生を心から
幸せな状態に持っていくのは
自分でしかないのです。

自分のマインドが現実を
作り出しているのだから。

コーチングに出会うまでの
何年もこれが分からなくて
ずっともがいてきました。

もっと早く知っていればな、と
思うけれど、そんなもがいた
経験があったから、自分を
根本から変えようという
エネルギーにつながったのだと
思うのです。

 

人は、いつからでも変われる。

すべて自分次第。
自分の人生は自分で創っていく。

いつもありがとうございます。

 

 

自分も周りも成幸するグローバル
リーダーのためのコーチングセミナー

日時:4月12日(水)19:00-21:30

場所:東京駅周辺
※お申し込みいた方に別途ご連絡いたします。

料金:16,200円(税込)

お申し込みはこちらから

 

【女性の方向け】
自由を、豊かさを、そして幸せを求めて
コーチングお茶会

日時:4月8日(土)10:00-12:00

場所:恵比寿駅徒歩10分程度の
スペシャルな癒しの空間
※お申し込みいた方に別途ご連絡いたします。

お申し込みはこちら

 

コーチング朝食会

美味しい朝食をいただきながら、
エフィカシーの高い場所で
エフィカシーの高い仲間と
エフィカシーが上がる会話を
楽しみましょう。

男性、女性ともに
ご参加いただいています。

日時: 4月15日(土)9:00-11:00

場所: 東京都内の高級ホテル内
レストラン個室

※お申し込みいた方に別途ご連絡いたします。

費用:12,960円(税込、朝食代込み)
指定口座への銀行振込

定員:5名様

お申し込みはこちら

次回以降はメルマガにて
先行ご案内しております。

メルマガ登録はこちらから

 

コーチング体系的に学ぶのが

全く初めて!という方でも
わかりやすい、7日間の
無料メール講座を実施しております。

題して、
「欲しい未来を創造する
パフォーマンス脳の手に入れ方」

詳しくは↓↓↓↓

step-mail-banner_%e5%a4%a7_%e6%94%b9

目先のことに目を奪われない

世界三大瀑布の一つ
イグアスの滝を訪れています。
自然の偉大さと
たっぷりのマイナスイオンで
勇気をもらっています。

さて、ルータイス×苫米地式
コーチングの特徴の一つであり、
初めて触れる方が
感銘を受けていただけるのが、

ゴールは現状の外側

であるという点。

これはなぜかというと、
人の脳はゴールが遠ければ
遠いほどその達成に必要な
情報やリソースを集めることが
できる(RASの働き)こと。

それから、脳がそれを
達成するためのエネルギーを
生み出すからなのです。

これは、認知科学によって、
人の脳が解明されるように
なってからの大きな発見です。

あまり高いところを目指さず
身の丈にあった目標を
持ちなさい。

そんなに無理すると
痛い目にあうよ。

ほどほどでいいのだよ。

まずは小さいところから、
一歩ずつ(ステップバイステップ)で
いいのだよ。

と、言われて

今までそんなのつまらない!

人生もっともっと自分はできる!

と心のどこかで不満に
感じていた方に勇気を与える
科学で証明された
事実なのですね。

私自身にとっても、日々
小さなゴールもしっかりと
全力で取り組みながらも、
大きなゴールはいつでも
立ち返れるパワーをくれる
存在です。例えば、
太陽や北斗七星のような。

手前のゴール設定や、
ステップバイステップの
アプローチなど、
今まで主流と呼ばれてきた
ようなゴール設定には大きな
危険要素をはらんでいます。

それは、まずは手前の
ちょっと頑張れば達成
できそうな、単なる通過点
でしかないようなところが
ゴールにすり替わって
しまうからです。

step mail lading page top banner 3

本来はその上のもっと
大きな達成したい
ところがある。

もしかしたら他にそこに
到達する別の方法があるかも
しれないのに、一歩先の的に
目を奪われて視点が下がって
しまいます。

例えば、経営者の方なら
目先の問題解決に追われて、
会社のビジョンを
見失っていないか?

例えば、資格取得を
目指している方。
本来はその資格を取って
その先自分がどうなって
いきたいのか?

そのゴールであるにも
かかわらず、試験に
合格するという単なる手段が
目的にすり替わって
しまってないか。

希望の会社に入社したい。
それも、その先、
何をやっていきたいかよりも、
ただ、内定をもらうことに
集中してないか。

留学の先に自分が見ている
ビジョンは何なのか?

その先の現状の外側の
ゴールが自分を動き出す
パワーを与えてくれるのですね。

小さな自分の現状の世界に
収まっていませんか?

大きな夢、持って行きましょう。
未来はあなたが創造するのです。

いつもありがとうございます。

<ご案内>

コーチングサロン(お茶会)

苫米地式コーチングを
もっと知りたい?

コーチけいこって
どんな人?

苫米地式コーチングについて
語りたいコーチング習得中の方、
コーチの方も大歓迎です。

ざっくばらんにお話しましょう。

以下、詳細です。

日時:3月12日(日)10:00-12:00

場所:東京 恵比寿駅

費用:10,000円(税込)

お申し込みはこちら

==

夢に向けて第一歩を踏み出す〜
コーチング入門セミナー
日程は以下の通りです。

詳細はこちら
%e5%85%a5%e9%96%80%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

3月24日(金)19:00-21:30@仙台

お申し込みはこちら

セミナーのご感想はこちら。

コーチング体系的に学ぶのが

全く初めて!という方でも
わかりやすい、7日間の
無料メール講座を実施しております。

題して、
「欲しい未来を創造する
パフォーマンス脳の手に入れ方」

詳しくは↓↓↓↓

step-mail-banner_%e5%a4%a7_%e6%94%b9

会社との付き合い

plant-690133_1280

アメリカのサンフランシスコから
友達が遊びに来ています。

友人は、アメリカでは、特に
ベイエリアでは変化に対応
できることが仕事での成功を
意味していると言います。

何年も同じ会社で同じ仕事を
していたのでは、
変化に耐えられない人と
判断され、放り出される。

そう言う彼の目に日本人の
考えは自分とは全く異なる
と感じるようです。

日本人は変化を求めないね。
仕事し過ぎだし。

ストレス溜めていて、全然
ハッピーに見えない。

とにかくもうダメってところまで
我慢し過ぎる。
と言います。

続きを読む>

ゴールが場をつくる

together

企業でもそれ以外でも、複数人が
集まる時、まず大切なのはその
グループで共通のゴールを持つこと。

それはただ単に、そのグループで
何を実現するか?のWhat
(コーチング用語では
エンドステートと呼ぶ)
だけではなくて、更にその先の
抽象度の高いゴールまで見据えて、
それがグループ内で認識が共有され、
皆が心からそれを実現したいと
思えれば、そのグループでは
とても大きな成果を
生むことができます。

続きを読む>

仲間がいるということ

IMG_8748

人間一人じゃ生きられない。
生きていても楽しくない。
人と力を合わせれば
自分一人ではできないことも
成し遂げることができる。

昨日の上杉絵理香コーチとの
コラボセミナーの余韻に浸って
おります。

大切なお仲間と二人でコラボ
できたこと。
ご参加いただいた方とも
一つになるような場となったこと。
改めて感謝をしております。
とても大きなエネルギーが
生まれました。

ゴールを共有できる仲間の
存在というのは本当に
偉大なものです。

続きを読む>

耳の痛いことを伝えるとき

ハーモニー

何か、相手伝えずらいこと、
相手にとって耳の痛いことを
伝えるとき、申し訳ないと
思ったり、罪悪感を感じたら、
自分にこう問うてみましょう。

これを伝えることは、
相手のためになるか?
お互いのゴールのためになるか?

それとも、自分が感情を
晴らしたかったり、
自分が相手をコントロール
したいからか?

もし前者への答えがYesで
あれば、お伝えしていい。
ちゃんとその気持ちが伝わるように。

もし後者がYesなら、
その発言は見送った方がいい。

続きを読む>

私じゃなきゃダメなこと

IMG_8728

先日、お手頃サイズの箱を探していて、
ふと久しぶりに手にした
箱がありました。

それを開けると、中には、
以前退職した時にいただいた
寄せ書きが入っていました。
それが、かなり凝った寄せ書きで、
木のツルのようなものに、
木の葉っぱのメッセージカードが
1枚1枚連なっているものです。

この退職時、私は最後まで
全うすることなく、辞めた感が
満載だったので、たくさんの
心配と、罪悪感を抱えていました。

私が辞めたら、この会社大丈夫だろうか。
心配だ。明日からちゃんと回るのかな?
自分だけ良ければいいのかな。

そんなことばかり考えていた。
だから、寄せ書きもその時は
じっくり読むこともなく、
箱に入れてしまってしまったのです。
それからもう2年近く経ちます。

取り出して一つ一つ読んでいたら、
なんだかとってもジンときました。

続きを読む>

人を動かすコミュニケーション

team

職場で、自分が欲しいもの、
欲しい状態が満たされて
いない時。

会社が・・・部門が、・・・
○○さんが仕事ができない。
やることやってない。
部下が期待するような
パフォーマンスを出さない。
ミスばっかりする。
指示したことをちゃんとやらない。

そんな状態に苛立って、
感情的になったり、
ダメな人だと罵ったり
批判的になったり、
不満をぶちまけたり、
怒り散らしたり
ちくったり、
陰口叩いたり、

これらの行為は、
その満足のいかない状態、
ハタラカナイ人との
問題を解決するどころか
全く真逆の効果を発揮する。

続きを読む>

場がパフォーマンスを決める

collective efficacy

場のもつ雰囲気、空気感(情報場)は
そこにいる人々に大きな影響を与える。

場の雰囲気がポジティブで明るければ
全体がそうなるし、逆もまた然り。
そして、その中で実に誰か一人が
支配的に場の雰囲気をいじれば
そこがガラっと変わるもの。

一度、どちらかのムードに
固定される(ロックオンされる)
となかなかそこから離れることが
できない。誰かが、何かがガラっと
変える(揺らがせる)ことがあるまで、
変わることが難しい。

例えば、会議で、誰かがネガティブ
発言をする。それを聞いた人が
反発して攻撃的になる。
そうなると、場の雰囲気は完全に
飲まれてしまうのだ。

続きを読む>

起業家にとって最も大切なこと

passion top

起業された経営者の方や
これから起業されたい方から
ご相談をいただくことが
増えています。

売りげを達成できるのか。

集客はできるのか。

どの市場に売り込んでいくのか。

私の(私の製品の)強みは何か。

競合はどんなことをやっているのか。

確かに、米国のビジネススクールで学び、
マーケッターとして12年の経験を持つ
私ですので、これからも非常に大切な
要素であることは断言できます。

でも、起業したい。起業した。
その背景には、起業して成し遂げたかった
ゴール(ビジョン)があることでしょう。

目の前のことに追われていると
ついつい、自分のこの熱い思いを
忘れてしまいがちです。

あまりに独りよがりにならないように
こんな方へ届けたいと思い描くのは
重要です。

既に売れる市場があるのか?
自分の強みでその市場で
勝手いけるのか?

心配かもしれません。
でも、現状の外側のwant-toのゴールに
向かっていけば、その情熱から
きっと強みへと転化して、大きな
エネルギーを生むことでしょう。

続きを読む>

1 2 3 4