MENU

どの世界に身を置いていたいのか?

9月に入りましたね。
東京では一変して、
秋が訪れたような
涼しい気候になりました。
またこれからの季節も
楽しみです。

 

突然ですが、
あなたはどの世界の住人で
いたいでしょうか?

自分が思い描いた通り
うまくいく世界か

うまくいかない世界か

いつも悩んでばかりで
苦しい世界か?

 

人は、自分がリアルだと
感じる臨場感の高い世界、
無意識に当たり前と
思っている世界が
現実となります。

自分が何に居心地の良さを
感じているのか?

物理的には、辛いと
思っているような環境
だったしても、
無意識はそこが
自分に取ってふさわしい場所
と強く認識していると
そこから抜け出せなく
なってしまいます。

それが、コンフォートゾーン。

どうもうまくいかないな?
と思う時は、
自分が、うまくいかない
世界の住人になっている
のかもしれません。

 

本当に自分が所属したい
世界、それがまるで
当たり前のように
思えるほど、
リアルにイメージして、
存分にその世界の映像を
味わってみてください。

ビジュアライゼーションですね。

実際にその世界にいるように
行動したり、言葉に
してみてもいいですね。

 

日本古来の言葉ですが、
最近よくこの言葉聞きませんか?

「予祝」

先日参加したコーチの先輩が
コラボされて講師をされていた
セミナーでも、「予祝」が
テーマになりました。

その時に、聞いたお話を
共有させていただこうと思います。

予祝とは、読んで字のごとく、
予め、祝うこと。

まるですでにゴールが
達成しているかのように、
臨場感高くその光景を
想像し、振る舞い、祝う。

 

秋田県の代表として
甲子園出場を決めた
明桜高校の監督は、
県大会優勝が決まる前に、
優勝を前提とした
予祝ビデオを作成して
選手に見せたそうです。

「決勝のピンチでリリーフ
して抑えてくれて、おめでとう」

「大事な場面で先制打を打って、
おめでとう」と

優勝を前提とした字幕の
監督談話入りビデオを。

そしたら、見事、優勝。
しかも、予祝のビデオで
監督が褒め称えていた
ファインプレーの数々が
実際に起こったといいます。

すでに優勝している世界を
ありありと、臨場感高く
見えてたので、それが
現実と化した。

 

これは、スポーツだけの
話ではありません。

私たちも日々映像として
何を見ているか?
想像しているか?が
とても大事なのです。

それが自分が実際にどの
世界に住むかを決めます。

あなたは、どの世界の
住人になりたいですか?

 

今日もありがとうございます。

いつもありがとうございます。

 

思い描いた未来を手に入れる〜
コーチング入門セミナー

日時:
9月4日(月)10:00-12:30
9月10日(日)13:00-15:30

場所:恵比寿にある
アットホームなスペース
※別途ご入金いただいた方に
ご連絡いたします。

詳細はこちら

お申し込みはこちらから

 

7日間の無料メール講座

コーチング体系的に学ぶのが
全く初めて!という方でも
わかりやすい。

題して、
「欲しい未来を創造する
パフォーマンス脳の手に入れ方」

詳しくは↓↓↓↓

step-mail-banner_%e5%a4%a7_%e6%94%b9

コメントを残す

*