MENU

人はみな平等

お仕事でもプライベートでも
「いい社長」とお付き合い
させていただくことが
本当に増えてきました。

そして、いつも思うことは、
そのような「いい社長」は、
企業を成長させているし、
「いい会社」を作っている。

従業員がイキイキと働き、
社会性も高い会社へと
舵を取っていらしゃいます。

 

不思議と全く違う
シチュエーションで
別々の方とお話している時に
同じキーワードを
何度か聞きました。

それが、
「人はみな平等」ということ。
人の価値に優劣はなく
みな尊い存在であること。

会社の中にいたら、
役割上、自分は社長、
部長、課長・・・とある。

でも、それは便宜上の
役割でしかなくて、
それによって人の
優劣をつけるものでもない。

人間としての上下は
存在しない。人はみな
平等なのだから。

だから、威張ったり
おごったりする
する必要もない。
役割は理解した上で、
違いを尊重して
コミュニケーションする。

会社も極力フラットな
組織を目指し、誰でも
自由に意見が言える環境を
作っているのですね。

 

この「人間としていみな平等」
ということは、
当たり前でいて、
ふとした瞬間に忘れて
しまうこともあるかもしれません。

あの人は偉いから、
自分なんかが話しかけては
いけない。

自分の意見なんて
尊重されない。

とか、思ってしまうことも
ありますよね?

でも、社長自らが、
誰でも寄ってきて
くれていいんだよ!

ってウェルカムな雰囲気を作れ、
人として尊重されていると
感じられる場が
あれば社員は自ずとやる気が
出てきて、生産性も自ずと
上がるのではないかと
思うのです。

「いい社長」さん方は
自分を持ちながらも、
柔軟で、謙虚で
いらっしゃるなと思います。

 

モチベーションとは、
外からの力で起こるものではなく、
中から起こるもの。

目指す方向へ行きたい!
心からのゴールがあった時に
自然と沸き起こるもの。

社長の重要な役割は、
ビジョンを示し、それを
社内に徹底すること。

そして、社員を信頼し、
尊重し、尊敬すること。

こういったいい会社では
売り上げ目標すらないと
聞きます。自然に達成できて
しまうから。あえて作らない。

仮に何か評価が必要であると
するならばビジョンの
遂行度合いなど
さらに抽象度の高いものを
ゴールにしている
こともあるようです。

 

何も会社でなくても
人としての成幸は
人が人間として平等だと
いうことがいかに、心から
腑に落ちているかが
大きく影響していると
思います。

過度な競争は
自分もしくはあなたどちらか
しか勝てない(ゼロサム)
という気持ちを駆り立て、
相手を打ち負かす
ことしか考えらられなく
させてしまう。
どっちが上か下かの世界を
作ってしまいます。

すべての人が平等だと分かれば、
私もすごいし、あなたもすごい。
お互いがお互いのゴールを
尊重して、成長しあえる
関係が作れるのですね。

今日もありがとうございます。

いつもありがとうございます。

 

コーチングサロン(お茶会)

エフィカシーの高い場で、ゴールの臨場感を
高めることができます。

コーチング初心者も上級者も大歓迎。

コーチングで激変された方々の
エネルギーも感じていただけます。

苫米地式コーチングを
もっと知りたい?

コーチけいこって
どんな人?

ざっくばらんにお話しましょう。

日時:6月25日(日)10:00-12:00

場所:恵比寿にあるアットホームなスペース、
※別途ご入金いただいた方にご連絡いたします。

費用:10,800円

お申し込みはこちら

 

思い描いた未来を手に入れる〜
コーチング入門セミナー

日時:
6月25日(日)13:30-16:00
7月12日(水) 19:00-21:30
7月26日(水)19:00-21:30

料金: 一般@12,960円
再受講@8,640円
コーチングクライアントさま@7,560円

場所:恵比寿にあるアットホームなスペース
もしくは東京都内。
※別途ご入金いただいた方にご連絡いたします。

詳細はこちら

お申し込みはこちらから

 

自分も周りも成幸するグローバル
リーダーのためのコーチングセミナー

日時:6月28日(水)19:00-21:30

場所:東京駅周辺
※お申し込みいた方に別途ご連絡いたします。

料金:16,200円(税込)

詳細はこちら

お申し込みはこちら

 

7日間の無料メール講座

コーチング体系的に学ぶのが
全く初めて!という方でも
わかりやすい。

題して、
「欲しい未来を創造する
パフォーマンス脳の手に入れ方」

詳しくは↓↓↓↓

step-mail-banner_%e5%a4%a7_%e6%94%b9

コメントを残す

*