toggle
2016-10-03

一つ一つの勇気

take-action

10月に入りましたね。
今年も残り3ヶ月。

自分の現実がどんどん
変わっています。
ジェットコースターのようで
楽しいです。

以前は体調不良で
足踏みしてしまう
こともありましたが、
今では、あ、また来たか・・・。と
うまく体調とも調和できる
ようになりました。

変わるタイミングは
いつでもいいですし、
それは継続的なもの。

決して暦などのタイミングに
乗る必要はない。

でも、自分を揺り動かす
きっかけにしたいなら
利用してみるのも一つですね。

私は、10月から2017年の
手帳を使用し始めました。

自分の欲しい未来を想像して、
ゴールを設定して、
アファメーション、
ビジュアライゼーション
しております。

 

変化と言うものはいっきに
起こるように見えますが、
そうではありません。

小さな取り組みの積み重ねが
大きな、目に見える変化へと
つながるのです。

マインドの舵取りを徹底して
行い、方法や手段が見えてきたら、
着実に、かつ迅速に行動を起こす。

ある期間で振り返ってみると、
当時の現状から
思いっきり飛び出ている
ことが分かるというものです。

現実を変えたい時。
まず、アプローチするのは
マインドです。

自分に本当に得たい未来を
設定して、その臨場感を
徹底して高めていく。

でも、じゃあ、想像していれば
それでいいのか?と言えば
そうではない。

言い換えれば、臨場感が
高まってしまって、
現状とのギャップが
大きすぎちゃって、その
ギャップを縮めたくて
しょうがなくて
前のめりになっちゃう。

足が前に出ちゃう/行動しちゃう。

そのような感覚です。

 

先日のコーチングサミットでも
たくさんの情熱に溢れた方々に
お会いしました。

変化を起こしたいと、
ご連絡くださったり、
既にゴール設定して
取り組まれてご報告くださる方も
いらっしゃいます。

一つ一つ、勇気を持って
アクションを起こされています。

素晴らしいと思います。

一つ一つのゴール志向の
行動の積み重ね。

ゴールがあるから何をするか
即断即決できる。

あれ、違ったと思っても
すぐに方向修正できる。

step mail lading page top banner 3

ゴールは抽象度高く。
でも、そこに到達する方法は
時に、抽象度を下げて
細かな作業をしなければ
ならないことも。

地味な行動が必要なことも。

その行動自体がwant-toでないから
やめてしまう・・・

それはで、もったいない。

ゴールがやりたくてしょうがないから、
一つ一つが、ゴールのために
やる、と決めて、やる。

抽象度は常に高ければ
いいのではなくて、
場面場面に応じて
自由自在に上げ下げできる。

目の前のことに萎えてしまわないよう
ゴールは常にあなたと共に。

そして、目に見える大きな結果へと
繋がっていくのですね。

真のwant-toのゴールであれば
方法は必ず見えてきます。

その方法に飛び込むことも
勇気がいるかもしれません。

でも、want-toなんですよね?

本当はwant-toなのに、手段が
want-toじゃないから。
めんどくさいから・・・。

そんな理由でゴール側に進むのを
諦めないでください。

できるセルフトークにスイッチ
入ってますか?

 

マインド(心と脳)の使い方を
徹底して理解されたい方へ。
コーチをつけてみたいと
お考えの方。

まずは、入門セミナーでじっくり
コーチングの土台となる理論を
腑に落としていただくことを
強くお勧めします。

詳細はこちら
%e5%85%a5%e9%96%80%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc

夢に向けて第一歩を踏み出す〜
コーチング入門セミナー
日程は以下の通りです。
10月13日(木)19:30-22:00@恵比寿<残席3>
11月10日(木)19:30-22:00@大阪<残席2>

お申し込みはこちら

コーチング体系的に学ぶのが

全く初めて!という方でも
わかりやすい、7日間の
無料メール講座を実施しております。

題して、
「欲しい未来を創造する
パフォーマンス脳の手に入れ方」

詳しくは↓↓↓↓

step-mail-banner_%e5%a4%a7_%e6%94%b9

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です