MENU

自分で気付くと学びが深まる

care

コーチとして、時にセミナーの
講師をさせていただく時に
常に気をつけていることは
「気付きの機会を奪わないこと。」

もちろん、コーチングの基本的な
考え方を理解いただき、使いこなせる
ようにするのは私の役目です。

でも、常に教える。疑問、
質問に答える。私が気づいたことを
お伝えする。と、時には、
大切な学びの機会を
奪うことにもなりかねません。

人は、自ら気づいた時は、
他人から教えられたことよりも
得るものが大きいのです。
人から教えられれば
その時は、良かった!と思っても、
すぐに忘れてしまうかもしれないし、
印象に残らないかもしれません。

自分はお教えするのが大好き。
だから、クライアントさんからの
ご質問には何でもお答えしたい
のですが、そこは、その方の
状況を見て、適した
対応方法を考えています。

コーチング期間開始直後は、
多少お教えする
要素(ティーチング)も
入るかもしれません。
でも、コーチングの期間の
後半は終わった後もゴールを
目指して、そして更新し続ける、
ありたい自分でいれるための
セルフコーチングの強化が
必要です。

自分もコーチが答えを
くれない時に
何で教えれないの!!
意地悪!!
と思った時もありましたが、
今はその意味が分かります。

特にゴールが設定されて、
ゲシュタルトが一度崩壊し、
次のステージへの向かっている
途中のモヤモヤ。
そこで、自分の力で
抜け出すことができたからこそ、
ゴールへより素早く近づくことが
できたのだと思います。

時には、直接お教えしないことも
愛情です。コーチからクライアント
だけではなくて、子育てや
人間関係にも言えるところが
ありますね。

 

9月の夢に向けて第一歩を踏み出す〜
コーチング入門セミナーの
日程は以下の通りです。
9月1日(木)19:00-21:30@恵比寿
9月18日(日)14:00-16:30@恵比寿

これまでご参加いただいた方々の
ご感想と受講をご検討の方への
メッセージをこちらに掲載しました。

お申し込みはこちら

セミナーの詳細はこちら

mail magazine banner

コメントを残す

*