MENU

近しい身内との関係

family

家族からの応援によって
私たちは大きなエネルギーを
もらっています。

私には年の離れた兄と姉がいて、
私のことを自分の子供のように
可愛がってくれました。
親が二組いるような感じで
育ちました。

特に姉は、いつも私のために
なることは何かを考えてくれていて、
サポートしてくれました。
今も、コーチをしている私を
誇らしく思ってくれて、
見守ってくれています。

とは言っても、いつも100%
家族からの理解や支援が
あったかと言えば
そうではない時ももちろん
ありました。

でも、そんな時は、自分も
そのゴールに対して、
半信半疑だったり、
自信がなかったり、
覚悟ができていなかったり・・・
エフィカシーが低い状態。

それがにじみでてしまって
いたのかもしれません。
家族が心配する隙を与えて
しまっていたのですね。

どうせ理解してもらえない・・・
という態度で接してしてしまったり
理解しない相手を攻撃したり。

親や家族は私のことを大切に
思ってますから何かあっては
大変だ、と心配に思うわけですね。

「幸せな事」も「心配な事」も
定義は身内の本人の基準で見ている
わけですから、そこから外れるような
行動を起こしていると思うと、
私を守るために、由々しき状態を
阻止しようとするのですよね。

そう、その基準が私と違う事に
相手は気づかないのですから。

それが、確信に溢れ、幸せそうに
見えれば、安心して見守りたいと
思ってくれるものなのです。

エフィカシーが上がると相手にも
伝わりますから、
心配する隙はありません。
自分もきっと理解してもらえる。
とも思えるはずです。

現状の外側のゴールを設定した
ばかりの時や、まだ上手な
マインドの使い方が定着してない時は
ゴールは秘密にしておいた方が
いいですね。

特に身内ほど、あなたのことを
考えているのですからね。

初めての福岡開催は
残席1となりました。
7月のコーチング入門〜
夢に向けて第一歩を踏み出す
コーチングセミナー:

人生を根本から変容させ、
真の自由と豊かさを手に入れる。

日時:
7月9日(土)15:30-18:00@博多(福岡)【残席わずか】
7月21日(木)19:00-21:30@恵比寿
費用:10,800円(税込)
場所:お申し込みいただいた方に
別途ご連絡いたします。
詳細はこちら
お申し込みはこちらから

セミナーの先行案内や
限定情報などメルマガにて
お伝えしております。
無料メルマガ登録