toggle
2016-05-23

起こって欲しくないことばかり考えてしまう

vision field

あれがしたい、これがしたい
という思いがあるのに、
それにも増して、
これが起こったらどうしよう。
あれが心配だと、
望まない未来のことばかり
考えていませんか?

人の脳は、未来を基準に
思考すれば、それを達成するように
導いてくれます。これを、
目的的志向(テレオロジカル)と
言いますが、これは、起こって欲しい
未来に導くだけではありません。

起こって欲しくないことばかりを
考えていれば、そちらの
現実を引き起こすことにもなります。

とたえば、自転車の練習をしている
子供が石にぶつからないように
と思っていると、まるで石に吸い寄せ
られるかのように・・・。

過去に何かを達成できなかった時を
思い返すと、必ず、達成したいと思いつつも
「自分にはできない。無理だ。
きっとうまくいかないに決まっている。」
というセルフトークが存在し、
現実はその通りになって
しまっているものなのです。

マインドが上手に使えるようになれば
たとえ以前うまくいかなかったような
状況が目の前に現れても、反応も
行動が変わる。

「どうぜまたダメだろう。」
から「今度こそ絶対にうまくいく。」
「私ならできる。」へ
セフルトークも変わる。
成功するための行動が起こり、
そしてちゃんと見事に達成することが
できるのです。

できる、できないではなくて、
やるか、やらないかなのですから。

やると決める。
できると決める。
そうすれば、実現する。
いたってシンプル。

それだけ人の脳力は素晴らしいのです。

だから、起こって欲しくないこと
過去の失敗ばかりにとらわれないで、
自分が思い描く、心から望むゴールを
まっすぐに見つめていきましょう。
エフィカシー高く。

そう、あなたならできるのだから。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です