toggle
2016-05-14

耳の痛いことを伝えるとき

ハーモニー

何か、相手伝えずらいこと、
相手にとって耳の痛いことを
伝えるとき、申し訳ないと
思ったり、罪悪感を感じたら、
自分にこう問うてみましょう。

これを伝えることは、
相手のためになるか?
お互いのゴールのためになるか?

それとも、自分が感情を
晴らしたかったり、
自分が相手をコントロール
したいからか?

もし前者への答えがYesで
あれば、お伝えしていい。
ちゃんとその気持ちが伝わるように。

もし後者がYesなら、
その発言は見送った方がいい。

自分も師匠や先輩コーチから
耳の痛いお話をいただくことが
あります。そんな時、
へこんだり、へそを曲げることも
なきにしもありません。

でも、コーチからの発言に
感情に任せた自己満足なものは
ありません。必ず、
私への愛がこもったお言葉だです。
その上で、そのお言葉を自分として
どう活用するかは、
自分で決めます。

表現が誤解を生むことも
あるかもしれません。
何らかの理由で言葉足らずの
こともあるかもしれません。

でも、基本自分の周りの
人々に日々敬意を払って
生きていれば、いただく言葉には
良い意図しかないと思っています。

それを、素直に受け取れないのは、
受け取る側の私のマインドが
整っていない証拠。
それに気づけば、見方を
瞬時に変えることができます。

コミュニケーションにおいても
常にゴールを意識する。
大切なことですね。

関連記事