MENU

身体と対話してセルフケアする

tulip

コーチングで上手に
マインド(脳と心)を使うこと
を覚えていくと、身体の
セルフケアも上手になります。

心から望むゴールに向けて
動いているので、身体はエネルギーに
満ちてきます。

健康のゴールも設定されて、
自分が心地よい状態とは
どんな状態なのか、意識が
向くでしょう。

また、コーチングでは
自分との対話(セルフトーク)
を徹底的に見ていきますが、
そうやって自分の思考の癖が
わかると、自分の身体に対して
発しているセルフトークにも
敏感になります。

そして、自分を俯瞰して
客観的に見れるようになるので
身体に起きている不調や
変化にあまりビビらなく
なります(笑)。

頭が痛い
体がむくんでいる
お腹がゴロゴロする

これらの症状が身体からの
どんなメッセージなのか。
私は理解しています。

自分が元来生まれもって
弱いところにまず不調の
サイン現れると言われています。

もう具合悪くてダメ!
って時はもちろん無理せず
きちんと病院に行ったり、
プロの手を借りたりするのも大切。

それでも、普段ある程度
セルフケアができるように
なっておくと生活が快適で
非常に楽です。

以前、私は、腰痛と肩こりに
悩まされて、週一回必ず
整体に通っていました。
ある程度復活した後も
終日の立ち仕事のイベントが
あるときまって身体が
ボロボロになるので予め
予約を入れておく。案の定
調子が悪くなるので、
「予約しておいてよかったわ。」
と思うのでした。

今考えれば、整体にかなり
依存していました。
それがないと不安で仕方がない。
一度行けば楽になる、
でもまたすぐに調子が悪くなる。
の繰り返し。ケアにサステナビリティが
ないのです。

それに気づいてから私は極力
自分の体は自分でケアできるように、
ケア方法を学んだり、マインドを
上手に使って、体との対話を
大切にしてきました。

普段あまり意識しないような
場所に手を置いて触ってあげる
だけでもとても効果があります。
あー、足の指先があるな。
あー、肩甲骨があるな。
軽く触って存在を改めて
認識するだけ。それだけで、
身体は本来の機能を取り戻して
くれます。

クライアントさんにもこうした
ちょっとしたケア方法や呼吸法を
お教えしています。
会社でも、
Let’s do peacock pose!
(くじゃく体操しましょう!)
と声をかけて、緊張した体をほぐす
ように働きかけています。

忙しい日常であくせくしていると
呼吸が浅くなったり、眉間に
シワが寄って頭痛や肩こりに
なったり。体が固まって腰痛に
なったり。

でも、ちょっと手を止めて
深呼吸するだけで
だいぶ楽になりますよ。
リラックスすると、
視点が上がっていいことだらけです。

セルフケア上手になりましょう。
コーチング入門セミナーでは
リラクゼーションのワークも
行っております。

コーチング入門 【残席1】
~夢に向けて第一歩を踏み出すコーチングセミナー

========================
日時: 2016年4月28日(木)
19:30~21:30
終了時間は多少前後することがあります。
場所: 恵比寿のスペシャルな場所
※参加者には別途ご連絡いたします。
費用: 5,000円 (税込)

お申込みはこちら 。
=========================