toggle
2016-03-13

多方面にゴールを持つことで得られること

everyday is learning

どうやったら企業の
パフォーマンスが上がり、
日本の経済が活性化されるか。
そんなことを最近はよく
考えています。

そういえば、先日、
ブログを読んでくださって
いる方から、
「けいこさんは色々やっていて
忙しそうですね。」
と、言われました。

忙しくない・・・と言えば
嘘になりますが、でも、
日々充実していて、ゴールが
どんどん広がるので、楽しい!
というのが本音です。

確かに、ブログにもあれや
これやと色んなこと書いてます。
そんなに多方面に手を広げると
力が分散しませんか?
と心配される方もいらっしゃる
かもしれせんが、
実は全く逆です。

ある方向のゴールにおけるヒントを
全く違う方向見つけることが
できるのです。

昨日は、家族10名で甥っ子の
合格祝いランチをして
その後、みなとみらいにある
カップヌードルミュージアムに
行きました。

私のゴールの一つは、
子供達に無限の可能性についての
理解を広げることですが、
その意味でも、甥っ子や姪っ子たちと
過ごす時間は貴重です。

大人だけではなかなか足を
運ばないような場所に行ってみると、
思わぬヒントを得られる
ことがあります。

カップヌードルミュージーアム
では創業者の創造へのあくなき
探求を知るに至りました。
高いビジョンを持って、
常に新しいアディアを求めて、
96歳で亡くなる直前まで、
色々なことにチャレンジされていた
創業社長からは学ぶことが
たくさんあります。

また、駅の近くで、大道芸人の
ショーを堪能しました。
子供達は目をキラキラさせて
楽しんでいたのは
うれしいですが、
それ以上に観客を引き込む
大道芸人のプレゼン能力、
間の取り方、綿密に準備された
プログラム、
たくさんのチップを
堂々といただくトーク力・・・・
ビジネスの現場でも
見習いたいと思うことが
満載でした。

思わぬところで、
たくさんの職業のゴールに
つながるいい気づきを
いただきました。

そして、夜には、
ラジオの英語プログラムで
有名な杉田敏先生のご講演に
出席しました。

「外資系企業の光と影」という
お題だったのですが、
外資系企業でうまくやってくには・・・
というテクニック以上に
経営者としての姿勢について
学びをいただきました。

杉田先生は、プラップジャパンという
大手PR会社の代表もされて
いらっしゃいます。
実は、私も以前とても
お世話になった会社です。

杉田先生/社長ほどのお立場に
ありながら、周りのスタッフの方が
自分のミスを指摘してくれたり
アドバイスをくれたり、サポートして
くれるのをありがたいと思っている。
という非常に謙虚なお言葉に感銘を
受けました。

杉田先生とお仕事されていらっしゃる方も
講演に参加されてらっしゃいましたが、
愚痴や人の悪口を聞いたことがないと
おっしゃいます。

確かに、私もお話しさせていただく
機会をいただいたときには、
話を真剣に聞いてくださり、
共通の知り合いの話をする時も、
たくさん褒めていらっしゃいます。

こういった社長のセルフトークが
会社の、職場のコーポレートトークを
作り出していらっしゃるから
長年ラジオ講座の講師として、
会社の代表としてご活躍されて
いらっしゃるのだと思います。

学生時代に杉田先生からはラジオ英会話から
英語を学ぶ楽しさを教えていただき、
今はこうやって企業人としての
学びをいただく。そうやって
広がっていくのですね。

さて、この週末に得た
たくさんの学びをどんどん
実行に移していきたいと思います。
Let’s get going!

関連記事