toggle
2016-03-03

苦手意識は不要

first step

本当はやりたいのに、
苦手意識があって挑戦できない。

ゴールに向かう途中で、
通らなければならない道なのに、
自分は上手じゃないからと
つい避けてしまう。

そんなことはありますか?

私は元来歌うことが好きです。
でも、小学校の時に合唱クラブの
入団試験に落ちてから、
自分は歌が苦手なんだと
思うようになりました。

しかも、その試験は、歌唱力で
はなくて、筆記で判定された
にもかかわらず。

以来、歌うことからすっかり離れて
しまった自分。
それまでは、歌が大好きで
いつもニコニコ、どこでも
歌っていたのに。

大学生の時に、教授に
「日本語が下手くそだな。」と言われ。
しかも、社会人1年目にも人事に
「日本語がひどい。」
と言われ、自分は
文章を書くことに苦手意識を
持つようになりました。

だから、コーチとして活動
し始めた時に、何が一番の難関だった
かと言うと、ブログを書くことでした。
うまい文章が書けなくて、PCの前で
固まることも、何度も書き直すことも
しばしば。タイポや文章のずれも
ひどい。だから、しばらくは
細々とやっていていました。

徐々にコンフォートゾーンは
広げていったものの、
Facebookを使って大々的に
拡散するのは、正直かなりハードルが
高かったのです。

それが、先日とってもお久し振りに
お会いした起業サポーター有紀さんに
「いいものがあるなら知ってもらわないと
もったいないじゃないですか!」
と言っていただいてハッとしました。

ブログには自分の熱い思いを込めて
書いています。その思いは真剣
そのものです。

ありがたいことに、私のブログが
好きだと言ってくださる方が
いらっしゃいます。

見てくださる方のRASに届いて、
受け取ってもらえるものがあれば、
これほど嬉しいことはありません。

ということで、早速Facebookも
始めて新たなステージに動き出しました。
有紀さんありがとうございます!)

人は新しい情報が入ってくるとき、
自分の過去の記憶と照らし合わせて
「自分らしいか」を判断する
傾向があります。

私の例で言うと、
「文章を書いて、拡散する」=
「不得意なこと」
という方程式が頭の中で出来上がると、
それが真実だという思い込みを
生んでしまいます。

苦手意識は単なる思い込み。
ゴールへに向かう道には、
一見、やりたくない(have-to)なことも
苦手と思うこともあるかもしれません。

それでも、ゴールにとって必要なら、
それを「やってみよう、やろう
(choose-to)に変換して動いてみよう。

きっと、「な~んだ、やってみたら
大したことなかった。」
と、ゴールへ向けてスラスラ
加速している自分がいるはずです。

英語の苦手意識は、本当に多くの方が
持ってますね。単なる、
言語というコミュニケーションの
ツールなんですけどね。

ゴールへ向けての一歩を踏みせない
というあなた。
それは、単なる苦手意識という
思い込みから来ているのかもしれませんよ。

そんな思い込みは、さらっと取り去って
しまいましょう。

コーチング入門講座
「夢に向けて第一歩を踏み出すコーチングセミナー」
でお待ちしております。

あなたが夢に向けて、
とっても大きい、かつ重要な
一歩を踏み出すきっかけに
してくださいね。

========================
日時: 2016年3月18日(金)
19:30~21:30
終了時間は多少前後することがあります。
場所: 恵比寿のスペシャルな場所
※参加者には別途ご連絡いたします。
費用: 5,000円 (税込)
人数:8名様まで
お申込みはこちら
=========================

関連記事