toggle
2016-02-18

二人のダイアンとルー

自由自在に、自分の意思で夢を
追い求め、探究することにより
真に豊かで幸せな人生を歩む
あなたをサポートする、
夢探コーチけいこです。

最近、毎日のように人のつながりに
奇跡が起こっています。
あ、奇跡ではないですね・・・
ゴールに向かっていれば
当たり前ですね。

コーチングを知る前の自分は
引き寄せとか、思考の具現化とか
聞いても、スピリチャルだなーと
いまいちぴんときていませんでした。

それが、コーチングを学び
RASがあって、セルフイメージがあって
コンフォートゾーンがあって、・・・
ということがわかると、人のつながりも
必然だということがとても
腑に落ちるのです。

グローバルに活躍するコーチでいる。
世界に飛び出して夢をかなえたい方の
サポートをする!
というのが私のゴールの一つですが、
それを意識してからは新たな
つながりがどんどんうまれています。

そして、古い縁がまたよみがえる
こともあります。

私には、アメリカにダイアンという、
ホストマザーがいます。
そして、ダイアンのパートナーの
ニックネームはルーでした。

ピンとくる方もいらっしゃるかも
知れませんが、そう、
元祖コーチのルータイスそして、
一緒にコーチングを世に広めてらした
奥様のダイアンタイスと同じなんです。

私は大学生の時に、
1年間の交換留学に行きました。
その時に夜間のクラスでダイアンと
知り合い、それから、実子のように
大切にしてもらいました。

その後アメリカの大学院に
進学したときも、アメリカで
仕事していた時も、
いつでも好きな時に「帰る場所」を
提供してくれました。思えば、
食費や交通費や諸々も含め
面倒を見てもらっていました。

以前は、アメリカに住んでいるとき
だけではなくて、休みがあれば
アメリカにしょっちゅう
帰ってました。それが、
だんだんと仕事中心になり
もう優に5年以上は
すっかりご無沙汰して、
音信不通になっていました。

先月シアトルでダイアンタイスに
お会いする機会を得て、
その内に秘めるやさしさと
力強さから、同じ名前の
ホストマザーを何度も
思い出しては、また
連絡しようと固く誓っ
たのでした。

ダイアンタイスにもそのお話をしたら
「それは素敵なつながりね。」と
言ってくださいました。

シアトルから帰ってきて間もなく
自分がまさにアクションを
起こそうと思っていた矢先に、
ホストマザーのダイアンから
お手紙が届いたのです。

少し驚き、そして、あー、
これも必然だと感じたのでした。

相変わらず、仕事に、ボランティア
活動に家族との時間に、
精力的に楽しんでいる様子が
うかがえて、うれしく思いました。

今年の後半は、また、アメリカで
色々活動をしたいと思っています。
ダイアンタイスの存在も、
ホストマザーダイアンの存在も、
ゴールへの一筋です。

今年はホストマザーダイアンに
絶対に会いに行こう。

DaianeRu2

大学院の卒業式にて。
8時間以上車を走らせて遠くから出席してくれました。
ダイアンと今は天国にいるルーディ(当時90歳)と

関連記事