toggle
2016-01-28

陰陽のバランスを整える

ヨガ

毎日が「動」の生活の私。
気功をやっていても言われることが
多いのすが、私は「陽」
が強いタイプなんです。

時に、陽に偏り過ぎて
オーバーヒートする。
そんな自分の特性を知り、
自分を冷静に見つめ、
時に意図的に「陰」を取り入れる
ように なりました。

頭でぐるぐる、思考に偏ると、
「陽」に偏りがち。コーチングが
身につくと、マインドが上手に使え
だけではなく、心と体のバランスが
整い、身体で感じる感覚が強まります。

そういうとランダムに聞こえますが、
そんなことはありません。
RASはそもそも脳のスクリーニング
機能ですが、それが身体に直に働く感覚。
自分に取って必要だ、必要でないの
判断が瞬時にできて、体で分かる
そんな感じです。

want-toからのゴールが設定された、
現実が動き始めてきた! そう感じてきたら、
今度は、 自分の身体からの声に
正直になって 流れに乗っていくことも
大切ですね。Go with the flow.

先週末は「少し休みが欲しい・・・」
と身体が欲していたけど、自分からは
すぐに行動に移せなかった。
その時、ちょうどヨガ仲間から、
「陰ヨガ」 へのお誘いがありました。

自分は、アシュタンガという
「陽」寄りの激しいヨガを
ここ数年ずっとやっていたのですが、
同じ学校で バランスをとるために、
ゆったりすることを目的とした
「陰」ヨガも提供しているのです。

以前の私は、それに全く興味がなく、
誘われても、「行かない~」 という
感じでしたが、今回は、
身体が反応しました。

朝も早いから 起きれたら行こうかな・・・
とはじめは、100%ではなかったけれど、
朝ちゃんと身体は目覚めて、
足はその場に行ってました。

RASが開いてない時は、どんなに
人に勧められても受け入れないのですね。
懲りずに声かけ続けてくれた友達に感謝です。
逆に、自分も人に伝えて受け入れて
もらえなくても気にしない。それは、
相手のRASが 開いてないから。
必要な時には、ちゃんと入ってくる。

中医学の視点から冬の時期に適した
体のケアの方法を学びました。
体がポカポカあったかくなり、
流れが良くなって本当に快適。
心も身体も喜んで、また、活力が
生まれてきました。

「陽」が強くなり頭で、考え過ぎると、
いらないこだわりや執着が生まれることも。
ゴールに向かって軽やかに、リラックス。
身体と心が一体化して、ゴールへとスムーズに
後押ししてくれます。

関連記事