toggle
2016-01-22

先のゴールへ向けて

multinational

自由自在に、自分の意思で夢を
追い求め、探究することにより
真に豊かで幸せな人生を歩む
あなたをサポートする、
夢探コーチけいこです。

心から望むゴールを設定したら
そこに行く方法は、自ずと見えてくる。
今では、自分にとって
それが当たり前となってきています。
行く方法が見えたり、手がかりが
掴めたり、具体的に現実が
大きく動いています。
それもものすごいスピードで。
コーチングを知る前の自分では
考えられないことです。

2週間ほど前に、英語による
コーチングサービスを開始しました。
日本にいる外国人の方にも
コーチングをできればと
思ったのはもちろんなのですが、
きっけは、自分の周りの外国人が
日本の異文化の中で苦労している
のをたくさん目の当たりに
してきたからです。

日本も海外の文化も理解している
自分がアドバイスすることで
とても喜ばれた経験が少なくありません。
なので、そんな方に、文化の橋渡しを
するようなアドバイスをしたり、
カウンセリングをしたり、研修したり
できたらいいな。と思ったのが
スタートでした。

対象は日本にいる駐在員の方
やそのご家族になるでしょうから、
対企業相手。そうなると、
今の自分ではどうやって
具体的にやるか見えないな。。。と
思っていたのです。

それが、以前からの知り合いに
紹介していただいた会社さんと
全く別件で話していたところ、
たまたま話がこちらの方へ転び、
あれよあれよと英語による
異文化研修の講師として
契約をさせていただくことになりました。

思い返せば、大学時代にアメリカに
留学していた時から、
コミュニケーション学を好んで
勉強していて、そのかなでも
異文化間コミュニケーションが
大好きでした。

同じクラスを1回目は聴講で、2回目は
生徒として履修するほど思い入れが
あったのを覚えています。
コミュニケーションの学問は
アメリカの中でも、ネイティブでも言葉を
巧みに操る方が専攻することが多く、
クラスは私以外全員、アメリカ人。
レベルも高かったけど、たくさん勉強して
多くのクラスメートが積極的に私と
交流を申し出てくださって、
楽しくて仕方なく、結果、
よい成績を修めたのを覚えています。

このころから異文化カウンセラーとか
講師になりたいなと思っていたのでした。
それがいま、思いがけない形で
実現できることになりました。

ゴールがあれば、方法は後から
ついてくる。このスピードが上がった
今では、ゴールをさらにどんどん
更新して、現実を動かして行きたいと
思っています。

コーチとしてのクライアントさんとの
セッションを一番大切にしていきたい
気持ちは変わりません。
そして、コーチはクライアントさんの
コンテンツには介入しません。
上手なマインドの使い方を
お伝えするのが役目です。

でも、自分の得意分野で
具体的なアドバイスをすることにより、
お役に立てるのならば、
それも積極的に行っていきたいとも
考えます。いわゆる、
ライフコーチングです。
私がお手伝いできる分野は、
以下です。

・海外留学、海外での仕事
・異文化間コミュニケーション、英語
・特に起業家の方対象の、
個人の価値を高めマーケティングする方法
(パーソナルブランディング)
・人間関係(家族、パートナーシップ)
・お金のこと、ファイナンス

具体的な展開方法はまだ考え中。
そのうち見えてくるかと思います。

Invent on the way.

関連記事