toggle
2016-01-16

こんなにも違う、ゴール設定の考え方。

invent on the way

自由自在に、自分の意思で夢を
追い求め、探究することにより
真に豊かで幸せな人生を歩む
あなたをサポートする、
夢探コーチけいこです。

「目標設定」と聞くと、
まず、目標を明確にして
それを達成するまでの
ステップを決めて、
各ステップをいつまでに
達成するか?を考える。
というのが、一般的に
考えられているやり方だと
思うのです。

しかし、認知科学をベースにした
コーチングでは全く考え方が
異なります。

現状の外側にぶっ飛んだ
ゴール(What)を設定したら
あとは、どうやって(How)は
気にしない。いつまでに(When)も
気にしない。

なぜそれをやりたいのか?(Why)で
自問しながら、より先の先のゴールへ
更新し続けていく。

ゴールまでのステップや期限を
決めてしまうのは、むしろ危険。
なぜなら、その期限は現状自分が
心地よいと思うコンフォートゾーンの
範囲で決めているから。
また、ステップ決めるとそれは、
手段でしかないのに、その
ステップ一つ一つが目的化し
かねないから。

ゴールの臨場感とエフィシーが
高まれば、まるで瞬間移動のように
想像も付かないスピードで
ゴール側に移行することも
可能なのです。ゴールに
達成する道はいく通りもある、
方法にこだわる必要はないのです。

会社において、タスクを
こなしていく、プロジェクトを
円滑に動かしていくには
確かに、いつまでに、
何をするかを決めるのは
重要かもしれない。
でも、これはゴールではなく
タスクベースの結果(エンドステート)。

私たちの人生のゴールは、
エンドステートではない。
だから、まずは、心からやりたいこと、
なりたい自分のゴールを決めて。
そうすれば、自然と道は開けていく。
Invent on the way.

※ブログには記載できないようなクローズドな内容や
限定キャンペーン情報を不定期でお送りしております。
「LTコーチングメールマガジン」登録:
http://wp.me/P74H4h-2z

関連記事