toggle
2015-12-24

想像力が創造力につながる

bulb-40701_960_720

想像力を広げることは、
より高いゴールを見つけ出し、
その臨場感を高めることに
つながります。

いわば、想像力を高めれば
ゴールの世界を実現する
創造力も高められるもの。

子供のころの想像力は
限界を知りませんよね。
アニメ、漫画、映画の世界が
本当にあるように思ったり、
魔法使いになって
自分が思うがままの姿を
自由に信じる。

それがいつの日か、
周囲の大人からの
言葉によって、想像力に
限界を設けてしまう。
もっと地に足を付けて行きないと。。。と。

高いゴールを達成するには、
いわばこの、子供のころのように
自分の限界を取っ払っていくことから
始まります。

世のあらゆる発明は、
「こんなことできたらいいな、
あんなことできたらいいな。」
という想像から始まっている。

「空を飛べたらいいな」と
想像しなかったら 飛行機はないし、
「宇宙に行けたらいいな」と
想像しなかったら、スペースシャトルは
開発されなかった。

想像力の限界は、自分の限界だ。
限界を作らないためにも、
想像力を磨いて行こう。
自分にはこんなことできる、
あんなことできる、とエフィカシー高く
自由に思いを巡らせればいいのだから。

現状の外側のぶっとんだゴールは
想像力がないと見えてこない。
そして、現実を動かすにも
想像力を膨らまして、それはすでに
実現しているという高い臨場感を
高めていく。

その発想を磨く手段として、
ゴール側の人に会いに行ったり、
ゴールに近づく場所に行ってみたり。
とにかくフットワーク軽く行動に
移してみることも有用だ。

自分は世界をつなぎたいと
言う思いをもって生きてきたので
1年に一回は必ず新しい国へ
赴くようにしている。

行ってみると、行く前に自分が
想像していたよりも遥か大きな
世界が見えてきて、スコトーマが
ガンガン外れていく。さらに創造する
エネルギーへとつながる。

あんなこともできる、
あんなこともできる、
と。

関連記事