toggle
2015-11-05

コンフォートゾーンでお金を味方につける

money

前回のお金の話は
たくさんの方に興味を持っていただけたようで
うれしいです。
ということで、またお金の話をしたいと思います。

お金に好かれるには、
まずは、お金の先のゴールを設定することが
大切だとお話しました。

そして、お金に関して自分が望む状態を
コンフォートゾーンにすることも
また重要です。

コンフォートゾーンとは、
自分が居心地がいいと思える状態。
このコンフォートゾーンは、
「自分とはこんな人間だ!」
「自分にはこんな状況がふさわしい!」
と思っている、自分の自分に対するイメージ
(セルフイメージ)によって、
決まってきます。

私はお金に恵まれているから、
あんなことも、こんなこともできる、
そんな生活は自分にふさわしいって
思えば、そんなセフルイメージに
合わせて、コンフォートゾーンが作られ
お金に恵まれている生活はついてきます。

たとえば、私は、独身の独り暮らしでは
ありますが、東京都の山の手線の内側に
家族で住めるくらいの
ゆとりのある空間に暮らしています。
ここに移り住むときは、
ちょっと勇気がいりました。でも、

朝日をたっぷり浴びることができて、
床に寝転んで、呼吸を楽しんだり
ヨガしたりできる。
ゆったりキッチンで料理を楽しめる。
仲間が集って笑顔あふれる。
こんな場がある家が、
こんな生活が自分には望ましい!
と強くイメージしていたら、
そんな理想な空間が手に入りました。

自分の望むものを、
「すでに得ている現実」として
強くイメージすることにより、
そこをコンフォートゾーンにしてしまうと、
それが、現実のものになるのです。

私は家を所有することに
こだわったわけではなく、
こんな生活がしたいと思っていた空間が
たまたま分譲マンションと一致したのです。

その生活は、ただ「贅沢したいの~」
という欲望からきたのではありません。
こういった空間に自分が身を置くことで、
心身ともに整った状態を維持し、
そうすることにより、
心のゆとりをもって人と接したり、
情熱をもって仕事に取り組むことができる。
まさに、ゴールとも直結しておりました。

自分の望む生活を具体的にイメージすると
自然とそれに見合ったお金(収入)も
手に入るものです。
セルフイメージを整えて、
コンフォートゾーンを広げて
お金を味方につけましょう。

関連記事